9/19 挑戦 キャンプ:危険、だよね
昨日の薬なし治療の診断を聞いて早速O型人間の本領発揮。日曜・祝日の2日間を利用してキャンプに行くことにした。海の近くだからもちろんシーフードバーベキュー。そしてキャンプと言ったら飲み物はビールでしょう。前回の発作の原因の一部がこれだということは充分考えられるが、良いキャンプ場を見つけたので本格的なキャンプのロケハンを兼ねて、まだ暖かいうちに一度行っておきたかったのだ。

b0070814_19203957.jpgただ車を運転できるのは私だけ。発作が起こって、それが前回のものより長引いて鎮痛剤が効かなかったら、帰宅を遅らせるか電車で帰るという手段をとるしかないというチャレンジ企画第1弾。絶対車は運転できない、それがどちらの足でも。なぜなら私の車はマニュアルだからで、オートマなら左足に発作が出た場合だったら大丈夫らしい。

現地に着いたのは2時頃。思っていた以上のキャンプ場だ。でもここは穴場として取っておきたいから紹介はしません。キャンプサイトのセッティングの後は買い出しだ。近くでキャンプをした経験があるので、そこは知れたもの。あまり品揃えはよくないが港の鮮魚店で魚介類を揃えた。そしてビール。プリン体カットというやつもあるが、そんなヤボはしない。発泡酒でもない普通のビールだ。ただワインがなかなか見つからなかったのは田舎だからしょうがないか。ここなら材料は東京で全部揃えて来てもいいかもしれない。

プリン体が多く含まれる食材はなぜかシーフードに多い。その中でもエビは特Aクラス。イカや、ものによっては魚もあまりよくない。しかしこれらがないシーフードバーベキューって何?それにオードブルとして夏季は枝豆と焼きなすを用意するのが我々の習わし。焼きなすにはかつお節をたっぷりかけて。このかつお節も特Aクラス、枝豆もあまりよくない。でも先生の食べ過ぎなければ大丈夫という言葉を信じて、そしてこれは少し後ろめたさを感じながらビールをガブガブ飲む。やっぱりキャンプはビールだよ。その後はワインでも良いが、焼酎や日本酒は何か違うような気がする。

こうして飲んで食って夜は更けて、ちょっとビールだけで水分を採らなかったことを気にしながら眠りにつく。次の日も発作は来ずに良い調子。帰宅後にまたビールを飲んでしまった。検査はまだまだ先だが、明日からまた少し引き締めようと決心をしたのです。
[PR]
by assy109 | 2004-12-08 19:22
<< 10/5 ビール:痛風の大敵、でもね 9/18 診察 2:不安と安心と不安 >>