5/24 痛風日記 5:痛いのはお嫌い?
以前一度紹介したことがあるが、このExciteブログには簡易アクセス解析機能がついている。私はアクセス数やコメント数に関心があるブロガーではないので(というよりこれをブログだとも思っていない)頻繁にチェックはしていない。しかし、先日見てみると、ここに興味深い結果が現れていたのだ。それが下の表で、これは今年に入ってからの『痛風日記 3』の検索ワードランキング。前回と同じ色分けをすると、ほら、ほとんど「リューイーソー(緑一色)」。つまり痛風の痛みを調べるための検索だったのだ。

b0070814_17342480.gif

以前の記事はこれ。2006年11月11日のものだ。この時は頻繁に現れる「贅沢病」というキーワードが気に入らなかったのだが、3年半の歳月を隔てた今、ご覧ください、ほぼ一掃。そして上位を占めていた食事に関するキーワードも一掃されている。さらに、この痛み関連以外のキーワード、「痛風」「痛風日記」「痛風 症状 写真」にも、痛みの情報を得るための検索は含まれているはずだ。

これから何を読み取ればいいんだろう。私は思う。つまりこういうことなんじゃないだろうか。健康診断の結果、尿酸値がイエローゾーンどころか、いつ痛風になってもおかしくないというレッドゾーン、立派な「高尿酸血症」患者が急増しているのでは?彼らにとってはもう「痛風って何だベ?」という段階ではないのだ。来るべき激痛のためにどのような心の準備、そして痛み止めの準備をしておかなければならないかという、待ったなしの状況なのだ。憶測だけどね。でも興味本位かもしれない贅沢病や食事よりも、切実な情報を求めているような気はする。実際発作中の人やその家族なのかも。

私に言わせると、そんな発作よりも、高尿酸血状態を続けることの問題点に目を向けてほしいんだが、まあそれは一度痛風になってみなきゃわからんか。ともかく、関心は強くなっているし、それに伴って知識も深くなっていくはず。いつまでも贅沢病だなどとぬかしているやつは恥をかくぞ、という世の中はもうすぐそこということなんだろう。良いのか悪いのか。We are the Gout World!

あ、それからもうひとつ気になったんだが、『ユリンメート』のこの人気は何なんだ?
[PR]
by assy109 | 2010-05-24 17:50
<< 12/20 流行もの:痛風パン 2010/2/27 薬品 3:... >>