12/20 流行もの:痛風パン
b0070814_2354869.gif

これは『龍馬の足跡パン』。京急立会川駅前のパンと喫茶のお店、『カフェ・ロティ』の名物パンだ。“あしあと” と読むが “そくせき” の方が相応しいかな。ここ立会川にはかつて土佐藩下屋敷があり、龍馬が江戸に滞在していた時期、浜川砲台の警護の行き帰りにこの店の前の通りを歩いたはず、というのがこのパンの由来。だが私は初めて見た時に思ったね、「こりゃぁ、痛風パンじゃないか!」。ご覧のように親指と足の甲の部分が尋常でなくパンパンに腫れている。腫れた部分がちょっとテカっているところもよく似ていて、経験者ならこの状態の足の痛さを思い出してしまうに違いないのだ。

ということで今年も残すところあとわずかだが、今年の話題で欠かせなかったのがその坂本龍馬を描いたNHK大河ドラマの『龍馬伝』。立会川の龍馬街おこしはこのドラマ便乗ではなく、それ以前から始まっていたのだが、ブームの影響は大変なもので、この足跡パンも売れに売れたらしい。だがそのドラマも終わり、これから売れ行きにも翳りが出るのは否めない。だから来年からは『痛風パン』ということにして、潜在的にはかなりの人数の痛風患者をターゲットにした商品にしたらどうだろう、一部の発泡酒のように。プリン体は元々あまり気にならない食品なのだから。……やっぱり、大きなお世話?(笑)

それならそっちのおせっかいはともかく、これからのプレゼントシーズン、痛風もしくは高尿酸血症の人に、シャレでこんなプレゼントも面白いんじゃないだろうか。クリスマスケーキ代わりに、忘年会の余興として、年末年始のお土産等々に、いかが? 上の写真は私がよく患う右足で、これは中にカスタードクリームが入っている。左足ももちろんあって、こちらはこしあん入り。どちらも130円也。ふっくら美味しいパンだから、もらって嫌がる人もいないはずだ。
b0070814_23215526.jpg

[PR]
by assy109 | 2010-12-20 23:26
<< 2011/1/31 新制定:世... 5/24 痛風日記 5:痛いの... >>