6/27 診察 5:尿酸の復讐
b0070814_20212475.jpg18日に検査。そして27日には約半年ぶりの診察だった。自殺行為というほどの極端なことはしていないが、前回の記事にも書いた通り不摂生は自分でもわかっている。結果を先に言いましょう。ダメ。全然ダメ。尿酸値は8.1mg/dl。

淡い期待はしていたが、検査結果を先生から聞いた時に漏れた言葉は「やっぱりね」。さほど落ち込みもしなかった。むしろ計算通り。ああいうことをすればこうなるという、自分の体質がさらに明らかになったということだろう。──言っておきますが、これは負け惜しみでは断じてない。もうひとつ。今回の数値が上がった原因のひとつには、急に気温が上がったので尿の量が足りなかったということもある。そして2回目の検査と同様、ドーピング逃れのようなこともやってしまった。しかも少しこぼしてしまった。こういう後ろめたさのストレスは影響あるのだろうか?まあとにかく尿酸値は想定内。しかし今回の問題は別の所にあった。

それはコレステロール値。前回多少多めだったのがさらに上がってLDL151mg/dl(TC249mg/dl)になってしまった。だがこれも原因は何となくわかる。計算外というより計算間違いだったのだ。私はこれまでコレステロール値が高かったことがない。だから前回は正月開けだったので、単に食べ過ぎただけだろうということで何も摂生しなかった。しかもあろうことか卵を日に2個、肉は鶏肉主体にしていたのだ。これがコレステロールに影響するのはわかっていたが、どちらも尿酸値にはあまり関係がない。規則正しい食生活のためにこれくらいは良いだろうと思っていたものだった。

だから食事改善は簡単。卵と、もも肉のような鶏肉は控えて、水を多く飲んでビールを控える。これだけで尿酸値もコレステロール値もグッと下がるはず。間違いない。問題はそれを実行できるか否かだ。今診察から3週間。卵と鶏肉はやめて水を大量に摂取している。だがビールはやめられない。1ヶ月前なら控えることも考えられたが、最近のこの暑さ。そして梅雨も開けた。もうビールしかないじゃないか。

しかも最近なぜか焼き鳥屋に行く機会が多い。焼き鳥はどちらにも悪いもののてんこもり。そしてその最たるもののレバーが私の大好物なのだ。だから意識して遠ざけていたのに。ダークサイドからの誘いは強烈だ。今は痛風ウォーズのエピソード3といったところ。この夏を乗り切って発作を起こさずに秋を迎えることができるのか、乞うご期待!
[PR]
by assy109 | 2005-07-19 20:26
<< 9/9 診察 6:計算できません 5/12 不摂生:わかってますって >>