9/9 診察 6:計算できません
b0070814_20131499.gif
久々の更新。3ヶ月近くの無投稿はブログでは致命的なのだが、ここはブログ形態のホームページ。お客様は相変わらず私の本ブログ(あちらもサボりぎみだが)より多いようだ。ありがたいことでございます。さて私、夏から忙しくてなかなか自由な時間が取れず、気が付けばすっかり秋。この記事も「祝・痛風発作1周年記念」の通院記録のはずが、1ヶ月もずれてしまった。またまた結果からいきましょう。またまたダメ。しかも今回は計算外、なのだ。

尿酸値は8.9mg/dl、過去最高。発作時並の値だ。だがこれはかろうじて想定内、かな?問題はコレステロール値なのだ。LDLが146mg/dl(TC250mg/dl)、全然変わっていない、なぜ?前回書いたように日に2個食べていた卵は完全にやめている。コレステロール対策は数値からいえばそれで充分のはずなのに、なぜ?先生はひょっとしたら体質が急に変わったんじゃないかと言っている。私くらいの歳ではよくあることらしい。また年相応か。鍛えてきたつもりでも、若く見えても所詮そんなものなのか。

だがもう対策方法が全くないわけではない。鶏肉の脂身は相変わらず食べているし、ビールも飲んでいる。試してみるものは山ほどある。これは尿酸も同じ。だが計算できない最大の要因はやっぱりストレスだろう。そもそも1年前の発作でも、ここ数年の急激なストレス度アップが直接的な原因だと思っている。例の「痛風はビールを飲みながらでも治る」の納光弘教授の話も要点はストレスを抑えるために(彼は750mlの)ビールを飲むということで、ストレスとビールを秤にかけたらストレスが重いということなんだ。それにこの先生は薬も飲んでいる。

さてそのストレス。最近は仕事も忙しくてほとんど自由な時間がとれない。鬱病や神経症ではないが、こんなことがずっと続くと先の事が悲観的になってくる。方法を覚えればあとはルーティーン的に流れる仕事ではなく、♪いつでも初舞台〜というタイプの仕事だから、やる度に新たなストレス。なければないでまたストレスだろうし、うれしい時もストレスはあるものらしい。こうなるともうどうしようもない。ブログも意外にストレスの要因になっているのかもしれない。

次の検査は11月11日、1ヶ月後だ。前回から約1ヶ月後の今、相変わらずストレスを理由にビールを飲んでいる。先生に「これから涼しくなるからビールをやめられます」と宣言したばかりなのに。この辺りから真面目にやらないともうダメなんだろうか。ということで次回の記事予告、「私はこうしてビールをやめました」。今度は早めの投稿ができるはずです。でもそうなると「私はこうしてビールをやめます」宣言にしかならないのかな?
[PR]
by assy109 | 2005-10-08 20:22
<< 11/18 診察 7:タイトル... 6/27 診察 5:尿酸の復讐 >>