2006/1/27 診察 8:今さらながら
最近2ヶ月間隔で検査&診察をしているから、エントリーしたと思ったらもう次の記事を書かなければならない……なんちゃって……。2ヶ月に1回のエントリーとは、なんてふざけたブログでしょう。

さて通院も8回(+初診)、検査も8回目ということで、今回はこれまでの経過をグラフにしてみた。いまさらなんだが……。本来こういう病気やダイエットに取り組む時は、こういうグラフや表を付けて自分を鼓舞するものだろう。やれる機会があるうちに一度やってみたかったのである。なぜかというと、ふふふッ、グラフの右端に注目。そう、ようやく努力が実ったというか何というか、全体的に良い方向に向いてきたのだ。総コレステロールはまだ多いが、これは悪玉以外が増えたというだけで、尿酸値・コレステロール共に下向きに方向転換。フ〜ム、グラフで見ると確かによくわかる。しかも縦の目盛りを大きくとったインチキ(?)でこの大きな動き。もう治ってしまったような良い気分だ。でもすべての基準値は下の太線以下、本当はまだまだなのだが……。
b0070814_1240629.gif
しかしこれで、今までコレステロールだけはどうにも改善策が見つからなかったが、光明が見えたということだ。やはり決め手はビタミン・ミネラル&ファイバーだ。治療の方向がわかればもう治ったようなもの──というこの気持ちがいけないことはわかっているが──心のゆとりが今までと全然違う。これはストレスにも良いことに違いない。実は先生には黙っていたが、今回は少しイライラすることがあって、検査の直前にビールを飲んでいるのだ。またストレスとアルコールを天秤にかけるといういつもの理屈なのだが、まんざら違ってもいないんじゃないか。それでもこの数値だもんね。

ということで方向が決まれば、短期間でまた検査をする必要はない。次の検査は約半年後に設定した。検査料金も高いしね。

……もうひとつ書いておいた方がいいだろう。このグラフは正確には検査したその日のデータ。結局この検査結果は、検査の日に合わせて、試験の一夜漬けのように体調を調整しているにすぎないのだ。それはわかっている(もちろん普段メチャクチャをしていれば、そんなことをしても良い結果がでるはずはないのだが)。しかしこれまではそんな余裕はなかった。とりあえず検査で、良い結果と治療の方向性を模索しなければ安心できない。そして、その段階は終った。これからはそれを続けていく段階に移るわけだ。不摂生をしたとしても、それを何日も続けない。こういうことを心がけていけば、体質から改善されるはずだ。そしてビール。何回も書くがビール。この扱いは次回。こんどこそ書きます。
[PR]
by assy109 | 2006-02-01 00:24
<< 4/5 選択肢 2:悪魔のささやき? 11/18 診察 7:タイトル... >>