7/28 診察 9:人体実験
異常なストレスと、数ヶ月の間ほぼ毎日飲み続けている1リットル以上のビール。私にとっては「スーパーサイズ・ミー」を遥かに凌駕する危険な人体実験の結果が本日知らされたのだ。それぞれの値はこの通り。予想通りと言えば予想通り。危険因子をストレスとビールに限定して、それ以外は高尿酸血症&高脂血症患者としては模範的な食事と生活をした結果の値なのだから。
b0070814_22324511.gif

あれほど苦労した悪玉コレステロールが、115mg/dlと嘘のような健康体そのもの。やはり決め手はバランスのとれた食事のようだ。私は善玉が多いので総コレステロールは高い。これは問題なし。コレステロールに関しては、これで解決したようだ。

そして問題の尿酸値。こちらはダメダメ。またまた個人タイ記録の8.9mg/dlだ。尿酸値の世界最高記録はどれくらいなんだろう?まあそれはともかく、これは今に始まったことじゃないような気もする。最近右足首や親指、左足の膝にうずきが多いからだ。やはりこれに脱水状態や疲労がトッピングされたら、いつ痛風発作がおきてもおかしくない状態だったのだろうか?ちと恐い……。

ということなのだが、ストレスとビール、直接原因はどちらなんだろう?私の場合、飲み過ぎに起因するγ-GTは正常値なのだ。それでもビールは控えるに越したことはないのだが……。

ストレスについては先生と少し話をした。これが尿酸値を上げる原因であるのは確か(アメリカの医師が自分の体で実験したデータもあるらしい)なのだが、まだ詳しいことはわかっていないらしい。その高尿酸血症は別としても、実を言うと私、最近少々“異常”な行動をするようになっているのだ。とは言ってもこれは自分でも自覚しているし、まだ笑い話として友人に話せる程度。しかしこれを先生に話したら「専門の人(医師・臨床心理士)を紹介しましょうか?」と、いとも簡単に言ってくれた。医者としては冗談では済まないらしい(冗談でもないのだが……)。何でも過去にもそんな(精神的にテンパっている)患者がいて、珍しいケースではないらしいのだ。私の場合は、とにかくこの仕事さえ終ればなんとかなるはずなので、カウンセリングはお預け(少し興味はあったが)。今回はもう少し様子を見るということで診察室を出た。

という結果。良かったのか悪かったのか、今ビールを飲みながらこれを書いている。発作一歩手前だという現状はわかったのだが、ビールをやめるべきなのか?やめたらストレスはどうなるのか?そもそもビールでストレスが本当に発散されているのかも疑問なのだが……。
[PR]
by assy109 | 2006-07-28 22:39
<< 8/29 発作 2:時限爆弾 7/11 ストレスマネジメント... >>