11/11 通風日記 4:検索
ご存知だとは思いますが、これはブログです。でもそれは更新が簡単だから利用しているだけであって、実際はHPのようなもの。普通のブログのような記事の鮮度は、ここではあまり意味がありません。右のカテゴリから興味のある項目を選択して、ご覧になっていただきたいのです。

ところでその興味のある項目とは何なのか、それに興味はありませんか?実はこのエキサイトのブログには、数ヶ月前から簡易アクセス解析機能が追加されたのです。簡易機能なので簡単なことしかわかりませんが、どんな言葉で検索されたのか、ということくらいならわかります。検索の場合、言葉によっては全く無関係なサイトにジャンプしてしまうこともありますが、この「痛風日記2」は痛風にテーマが絞られているので、あまりに違う言葉で検索されることはありません。少なくとも上位の検索ワードはそうです。だからこのアクセス解析結果は、痛風についてウェブで何を調べようとするか?という判断材料としては間違いのないものだと思います。

b0070814_1074522.gif

それでは痛風を調べようとする人は、最初に何を知りたいか。このランキングの1位、2位は「痛風」「痛風日記」です。まあこれは当然ですね。それにしても痛風日記って、これだけ認知されているんですね。痛風の人は日記を書くのが普通なんでしょうか?単語を分けたものと合わせればかなりの検索数です。「フリー百科事典Wikipedia」に登録される日も近いか?「糖尿病日記」とどちらが多いんでしょう?

というようなことはともかく、このふたつを除くと、ほとんど「食事・飲み物」「痛み止め」、そして「贅沢病」になるようです。贅沢病も食事関連と取れなくもないですね。当然と言えば当然かも知れないんですが、巷で言われている痛風イメージにピタリと一致しています。つまり「風が吹いても痛くて、贅沢な食事をしているとなりますよ」ということ。

これは検索している人の状況によっても項目が違うんでしょうね。尿酸値が高い人や奥さんが予備知識として調べているのか、現在発作中でパニックになっている人なのか、もうその道のベテランなのか、ということです。ユリンメートロキソニンで検索する人は素人さんじゃないでしょう。でも相変わらずのこの型にはまった結果があればこそ、このサイトを運営している意味があるというものです。痛風はそんなものじゃないんですよ。

ただわかってはいても、その中で毎月いつも微妙な位置を占める「贅沢病」の三文字が、神経を逆なでしてはくれますが……。
[PR]
by assy109 | 2006-11-11 23:04
<< 2007/1/26 蓄尿 4:... 11/2 通風日記 3:変更 >>