2/28 エコー:一度くらいは
b0070814_2032712.gif記事がだいぶ遅れてしまいましたが、私2月20日に超音波検査(エコー)を受けて、28日にその結果を聞いていたのでした。

それにしてもこのエコーというもの、イヤなもんですね。カーテンで仕切られたベッドで、検査技師と1対1なんですからね。言われるままに息を吸ったり吐いたり身体の向きを変えるしかすることがないから、わからないなりにモニターを見てみれば、何だか悪そうな映像が映っているし。検査技師も一応検査状況がわからないように無表情、無言を心掛けているんでしょう。それがまた居心地が悪い。まあぶつぶつ独り言を言われるよりもいいんですが。変なことをつぶやかれたら、検査結果を担当医から聞くまでの間が心配になってしまいます。

私の場合、これまでの検査で異常な数値は出ていなかったのでそれほど深刻ではなく、大丈夫なことを確信するために受けたんですが、受けたらその後逆に不安になってしまい、仕事が忙しい中集中できなくて、ちょっと困った1週間になってしまいました。

結果は、まあ大事ではなかったんですが、写真を見ながら説明を聞くと、腎臓と肝臓が小々痛んでいるということでした。当然全く健康体ということはないはず。でもひょっとしたら?という期待はあったんですね、検査前は。でも検査でちょいと不安にさせられてしまったので、この結果は私としては上々と言えなくもないのです。普通の中年はこんなものでしょう。

腎臓はなかなか正常には戻らないらしいんですが、肝臓は慢性の肝臓病にでもならない限り、元の状態に戻すのはさほど難しいことではないらしい。と言ってもこれは摂生を続けることができればの話なんですが。ということで、どちらの臓器にも効果的な対策として、バランスのとれた食事と共に、もう本気で酒を控える段階に来たということなんでしょうね。毎日飲んでいたものを週に2〜3日にして、できれば量も減らす。こんな指示を先生から受けました。さらに(これは自主的に)連日続けて飲まないようにしているんです。そんな方法で1ヶ月以上、結構続いてますよ。早く正常な肝臓の写真を見たいんですが、問題なのは腎臓の方、焦ることもない。エコーは気分も悪いから(検査自体は無害ですが)、年に1回でいいかなと思っているんです。
[PR]
by assy109 | 2007-04-04 20:08
<< 7/6 遺伝:これも負の遺産相続? 2/23 運動 2:続けることが大切 >>