タグ:合併症 ( 8 ) タグの人気記事
2/28 エコー:一度くらいは
b0070814_2032712.gif記事がだいぶ遅れてしまいましたが、私2月20日に超音波検査(エコー)を受けて、28日にその結果を聞いていたのでした。

それにしてもこのエコーというもの、イヤなもんですね。カーテンで仕切られたベッドで、検査技師と1対1なんですからね。言われるままに息を吸ったり吐いたり身体の向きを変えるしかすることがないから、わからないなりにモニターを見てみれば、何だか悪そうな映像が映っているし。検査技師も一応検査状況がわからないように無表情、無言を心掛けているんでしょう。それがまた居心地が悪い。まあぶつぶつ独り言を言われるよりもいいんですが。変なことをつぶやかれたら、検査結果を担当医から聞くまでの間が心配になってしまいます。

私の場合、これまでの検査で異常な数値は出ていなかったのでそれほど深刻ではなく、大丈夫なことを確信するために受けたんですが、受けたらその後逆に不安になってしまい、仕事が忙しい中集中できなくて、ちょっと困った1週間になってしまいました。

結果は、まあ大事ではなかったんですが、写真を見ながら説明を聞くと、腎臓と肝臓が小々痛んでいるということでした。当然全く健康体ということはないはず。でもひょっとしたら?という期待はあったんですね、検査前は。でも検査でちょいと不安にさせられてしまったので、この結果は私としては上々と言えなくもないのです。普通の中年はこんなものでしょう。

腎臓はなかなか正常には戻らないらしいんですが、肝臓は慢性の肝臓病にでもならない限り、元の状態に戻すのはさほど難しいことではないらしい。と言ってもこれは摂生を続けることができればの話なんですが。ということで、どちらの臓器にも効果的な対策として、バランスのとれた食事と共に、もう本気で酒を控える段階に来たということなんでしょうね。毎日飲んでいたものを週に2〜3日にして、できれば量も減らす。こんな指示を先生から受けました。さらに(これは自主的に)連日続けて飲まないようにしているんです。そんな方法で1ヶ月以上、結構続いてますよ。早く正常な肝臓の写真を見たいんですが、問題なのは腎臓の方、焦ることもない。エコーは気分も悪いから(検査自体は無害ですが)、年に1回でいいかなと思っているんです。
[PR]
by assy109 | 2007-04-04 20:08
1/31 診察 10:今回はなかったことに
投稿が少し遅れてしまいましたが、検査後の診察です。今回はあまり期待はしていませんでした。身体へのケアは何もしなかったと言っていいくらいの体たらくだったので、検査も診察も無駄かな?とも思いました。でも今では半年毎のペースで、前回から間が空いているので、一往今現在の状態だけでも知っておきたかったのです。

その結果は……グラフからはみ出してしまいました(笑)。笑い事じゃないけれど、コレステロールが、これ以上はいかないだろうと予想した数値を見事に突き抜けました。尿酸値は少し下がっていますが、これはあまり意味がないかもしれません。数日ビールを飲まなかったし、尿が寒さのせいかよく出るのでそのためでしょう。

b0070814_13145067.gif

発作後も懲りずにほぼ毎日酒を飲んでいた(ほとんどはビール)し、仕事の都合でほぼ毎日コンビニ飯。メインは空揚げ系、もちろん皮付き(あれがないと旨くない)とカップ面ですからね。ダメですよね、どう考えても。さらに気になるのは、ビタミン・ミネラルを補うための決め手にしていたプロテイン。これがいつも買っている店では9月から品揃えが変わったので、違う商品にしたんです。同じマルチビタミン系でも成分が少し違うかもしれない。それを今調査中です。そしてストレス。もう原因は何でもありです(笑)。

まあこんなところ、今回は理由は見当が付きます。さすがに懲りて、今では酒は週に1〜2回。ビールはほぼ禁止。食事は野菜中心の鍋がメインという食生活です。

今回はさらにもうひとつ。超音波検査(エコー)を受けることにしました。これは最初の発作から2年以上だから、というよりこれまでの人生で一度も調べたことがなかったからなんです。数値では内臓に異常はないんですが、私は以前書いた通り父親が腎不全を患っていたし兄も痛風、遺伝の影響が強いようなので心配なのです。ただこれは今申し込んでもすぐにはできません。1ヶ月近く先になるというので、仕事が忙しくなる前に終わらせたかったのに無理なようです。実質30分程で済むようなんですが、結果を待つ間はあまり気分が良くないものです。早く終わらせたかったんですが……。
[PR]
by assy109 | 2007-02-16 13:20
7/28 診察 9:人体実験
異常なストレスと、数ヶ月の間ほぼ毎日飲み続けている1リットル以上のビール。私にとっては「スーパーサイズ・ミー」を遥かに凌駕する危険な人体実験の結果が本日知らされたのだ。それぞれの値はこの通り。予想通りと言えば予想通り。危険因子をストレスとビールに限定して、それ以外は高尿酸血症&高脂血症患者としては模範的な食事と生活をした結果の値なのだから。
b0070814_22324511.gif

あれほど苦労した悪玉コレステロールが、115mg/dlと嘘のような健康体そのもの。やはり決め手はバランスのとれた食事のようだ。私は善玉が多いので総コレステロールは高い。これは問題なし。コレステロールに関しては、これで解決したようだ。

そして問題の尿酸値。こちらはダメダメ。またまた個人タイ記録の8.9mg/dlだ。尿酸値の世界最高記録はどれくらいなんだろう?まあそれはともかく、これは今に始まったことじゃないような気もする。最近右足首や親指、左足の膝にうずきが多いからだ。やはりこれに脱水状態や疲労がトッピングされたら、いつ痛風発作がおきてもおかしくない状態だったのだろうか?ちと恐い……。

ということなのだが、ストレスとビール、直接原因はどちらなんだろう?私の場合、飲み過ぎに起因するγ-GTは正常値なのだ。それでもビールは控えるに越したことはないのだが……。

ストレスについては先生と少し話をした。これが尿酸値を上げる原因であるのは確か(アメリカの医師が自分の体で実験したデータもあるらしい)なのだが、まだ詳しいことはわかっていないらしい。その高尿酸血症は別としても、実を言うと私、最近少々“異常”な行動をするようになっているのだ。とは言ってもこれは自分でも自覚しているし、まだ笑い話として友人に話せる程度。しかしこれを先生に話したら「専門の人(医師・臨床心理士)を紹介しましょうか?」と、いとも簡単に言ってくれた。医者としては冗談では済まないらしい(冗談でもないのだが……)。何でも過去にもそんな(精神的にテンパっている)患者がいて、珍しいケースではないらしいのだ。私の場合は、とにかくこの仕事さえ終ればなんとかなるはずなので、カウンセリングはお預け(少し興味はあったが)。今回はもう少し様子を見るということで診察室を出た。

という結果。良かったのか悪かったのか、今ビールを飲みながらこれを書いている。発作一歩手前だという現状はわかったのだが、ビールをやめるべきなのか?やめたらストレスはどうなるのか?そもそもビールでストレスが本当に発散されているのかも疑問なのだが……。
[PR]
by assy109 | 2006-07-28 22:39
2006/1/27 診察 8:今さらながら
最近2ヶ月間隔で検査&診察をしているから、エントリーしたと思ったらもう次の記事を書かなければならない……なんちゃって……。2ヶ月に1回のエントリーとは、なんてふざけたブログでしょう。

さて通院も8回(+初診)、検査も8回目ということで、今回はこれまでの経過をグラフにしてみた。いまさらなんだが……。本来こういう病気やダイエットに取り組む時は、こういうグラフや表を付けて自分を鼓舞するものだろう。やれる機会があるうちに一度やってみたかったのである。なぜかというと、ふふふッ、グラフの右端に注目。そう、ようやく努力が実ったというか何というか、全体的に良い方向に向いてきたのだ。総コレステロールはまだ多いが、これは悪玉以外が増えたというだけで、尿酸値・コレステロール共に下向きに方向転換。フ〜ム、グラフで見ると確かによくわかる。しかも縦の目盛りを大きくとったインチキ(?)でこの大きな動き。もう治ってしまったような良い気分だ。でもすべての基準値は下の太線以下、本当はまだまだなのだが……。
b0070814_1240629.gif
しかしこれで、今までコレステロールだけはどうにも改善策が見つからなかったが、光明が見えたということだ。やはり決め手はビタミン・ミネラル&ファイバーだ。治療の方向がわかればもう治ったようなもの──というこの気持ちがいけないことはわかっているが──心のゆとりが今までと全然違う。これはストレスにも良いことに違いない。実は先生には黙っていたが、今回は少しイライラすることがあって、検査の直前にビールを飲んでいるのだ。またストレスとアルコールを天秤にかけるといういつもの理屈なのだが、まんざら違ってもいないんじゃないか。それでもこの数値だもんね。

ということで方向が決まれば、短期間でまた検査をする必要はない。次の検査は約半年後に設定した。検査料金も高いしね。

……もうひとつ書いておいた方がいいだろう。このグラフは正確には検査したその日のデータ。結局この検査結果は、検査の日に合わせて、試験の一夜漬けのように体調を調整しているにすぎないのだ。それはわかっている(もちろん普段メチャクチャをしていれば、そんなことをしても良い結果がでるはずはないのだが)。しかしこれまではそんな余裕はなかった。とりあえず検査で、良い結果と治療の方向性を模索しなければ安心できない。そして、その段階は終った。これからはそれを続けていく段階に移るわけだ。不摂生をしたとしても、それを何日も続けない。こういうことを心がけていけば、体質から改善されるはずだ。そしてビール。何回も書くがビール。この扱いは次回。こんどこそ書きます。
[PR]
by assy109 | 2006-02-01 00:24
11/18 診察 7:タイトル何だっけ?
「ビールのやめ方」の前に、現在進行していることを書くべきだろう。一応これはブログですから。11月11日に検査、そして18日にはその結果と診察だった。

「ビールをやめられない」と言ってはいたが、それでは前の結果と同じことが目に見えていて検査をする意味がない。だから1ヶ月は完全にやめてみた(禁酒とまではいかないが)。そしてコレステロールの原因になるような食事は完全にカット。ストレスは仕方がない。運動は週1回程度。そしてこの時期大量に水を飲むことも難しいが、その分汗も出ないから良しとする。こんな状況で検査に臨んでその結果は……。

高尿酸血症の方は少し改善されているようだ。前回8.9mg/dlもあった尿酸値が8.4mg/dl。尿の量は少なかったがそれでも下がっているということは、尿が出れば7mg/dl台の価になっていたかもしれない。ここのところ約2ヶ月の間隔で検査をしているので、高尿酸血症に関しては自分の体質と取るべき方向がわかってきたような気がする。早い話がビールと水分とストレスなんだが……。問題は実行できるかどうか。それも既にわかっている……。
b0070814_22233130.gif
さて問題のコレステロール。前回のLDL146(TC250)mg/dlからさらに上がってLDL164(TC260)mg/dlということになってしまった。──タイトルを変えた方がいいのかな「高脂血症日記」とかに……。これはもう完全にどうしたらいいかわからない。卵もやめたし内臓ははもちろん動物性脂肪も糖分も控えている。簡単な引き算で答が出ると思っていたからこれは困る。先生が言うように体質の急変ということか。さらにコレステロールだけは、他の成人病のように計算通りにはいかない部分があるということも……。ストレスも関係ないらしい。私は中性脂肪が高いわけではなく善玉が少ないわけでもないから、運動療法もあまり意味がない。煙草も既に20年以上前にやめている。結局ただひとつ考えられる野菜の摂取量が足りないということを頼りに、サプリメントも含めて積極的なビタミン・ミネラル補給を実行することになった。よくわからないがもうこれしかないかも……。次回の検査・診察は年が明けた1月後半だ。

ということで現在11月29日。検査の直後から、「まあ今は許されるだろう」と思って飲みだしたビールがまだ続いている……。
[PR]
by assy109 | 2005-11-29 22:29
9/9 診察 6:計算できません
b0070814_20131499.gif
久々の更新。3ヶ月近くの無投稿はブログでは致命的なのだが、ここはブログ形態のホームページ。お客様は相変わらず私の本ブログ(あちらもサボりぎみだが)より多いようだ。ありがたいことでございます。さて私、夏から忙しくてなかなか自由な時間が取れず、気が付けばすっかり秋。この記事も「祝・痛風発作1周年記念」の通院記録のはずが、1ヶ月もずれてしまった。またまた結果からいきましょう。またまたダメ。しかも今回は計算外、なのだ。

尿酸値は8.9mg/dl、過去最高。発作時並の値だ。だがこれはかろうじて想定内、かな?問題はコレステロール値なのだ。LDLが146mg/dl(TC250mg/dl)、全然変わっていない、なぜ?前回書いたように日に2個食べていた卵は完全にやめている。コレステロール対策は数値からいえばそれで充分のはずなのに、なぜ?先生はひょっとしたら体質が急に変わったんじゃないかと言っている。私くらいの歳ではよくあることらしい。また年相応か。鍛えてきたつもりでも、若く見えても所詮そんなものなのか。

だがもう対策方法が全くないわけではない。鶏肉の脂身は相変わらず食べているし、ビールも飲んでいる。試してみるものは山ほどある。これは尿酸も同じ。だが計算できない最大の要因はやっぱりストレスだろう。そもそも1年前の発作でも、ここ数年の急激なストレス度アップが直接的な原因だと思っている。例の「痛風はビールを飲みながらでも治る」の納光弘教授の話も要点はストレスを抑えるために(彼は750mlの)ビールを飲むということで、ストレスとビールを秤にかけたらストレスが重いということなんだ。それにこの先生は薬も飲んでいる。

さてそのストレス。最近は仕事も忙しくてほとんど自由な時間がとれない。鬱病や神経症ではないが、こんなことがずっと続くと先の事が悲観的になってくる。方法を覚えればあとはルーティーン的に流れる仕事ではなく、♪いつでも初舞台〜というタイプの仕事だから、やる度に新たなストレス。なければないでまたストレスだろうし、うれしい時もストレスはあるものらしい。こうなるともうどうしようもない。ブログも意外にストレスの要因になっているのかもしれない。

次の検査は11月11日、1ヶ月後だ。前回から約1ヶ月後の今、相変わらずストレスを理由にビールを飲んでいる。先生に「これから涼しくなるからビールをやめられます」と宣言したばかりなのに。この辺りから真面目にやらないともうダメなんだろうか。ということで次回の記事予告、「私はこうしてビールをやめました」。今度は早めの投稿ができるはずです。でもそうなると「私はこうしてビールをやめます」宣言にしかならないのかな?
[PR]
by assy109 | 2005-10-08 20:22
6/27 診察 5:尿酸の復讐
b0070814_20212475.jpg18日に検査。そして27日には約半年ぶりの診察だった。自殺行為というほどの極端なことはしていないが、前回の記事にも書いた通り不摂生は自分でもわかっている。結果を先に言いましょう。ダメ。全然ダメ。尿酸値は8.1mg/dl。

淡い期待はしていたが、検査結果を先生から聞いた時に漏れた言葉は「やっぱりね」。さほど落ち込みもしなかった。むしろ計算通り。ああいうことをすればこうなるという、自分の体質がさらに明らかになったということだろう。──言っておきますが、これは負け惜しみでは断じてない。もうひとつ。今回の数値が上がった原因のひとつには、急に気温が上がったので尿の量が足りなかったということもある。そして2回目の検査と同様、ドーピング逃れのようなこともやってしまった。しかも少しこぼしてしまった。こういう後ろめたさのストレスは影響あるのだろうか?まあとにかく尿酸値は想定内。しかし今回の問題は別の所にあった。

それはコレステロール値。前回多少多めだったのがさらに上がってLDL151mg/dl(TC249mg/dl)になってしまった。だがこれも原因は何となくわかる。計算外というより計算間違いだったのだ。私はこれまでコレステロール値が高かったことがない。だから前回は正月開けだったので、単に食べ過ぎただけだろうということで何も摂生しなかった。しかもあろうことか卵を日に2個、肉は鶏肉主体にしていたのだ。これがコレステロールに影響するのはわかっていたが、どちらも尿酸値にはあまり関係がない。規則正しい食生活のためにこれくらいは良いだろうと思っていたものだった。

だから食事改善は簡単。卵と、もも肉のような鶏肉は控えて、水を多く飲んでビールを控える。これだけで尿酸値もコレステロール値もグッと下がるはず。間違いない。問題はそれを実行できるか否かだ。今診察から3週間。卵と鶏肉はやめて水を大量に摂取している。だがビールはやめられない。1ヶ月前なら控えることも考えられたが、最近のこの暑さ。そして梅雨も開けた。もうビールしかないじゃないか。

しかも最近なぜか焼き鳥屋に行く機会が多い。焼き鳥はどちらにも悪いもののてんこもり。そしてその最たるもののレバーが私の大好物なのだ。だから意識して遠ざけていたのに。ダークサイドからの誘いは強烈だ。今は痛風ウォーズのエピソード3といったところ。この夏を乗り切って発作を起こさずに秋を迎えることができるのか、乞うご期待!
[PR]
by assy109 | 2005-07-19 20:26
1/15 診察 4:試合終了、そして
b0070814_20222296.gifさあ、いよいよ、今度こそ、最後の診断結果を聞くことになる。とは言ってもさほど緊張はない。すでに諦めているからだ。やはり検査日の設定を間違えている。正月開けのあんな日に検査をするのはどう考えても間違いでしょう。しかもスキーにも行っているんだ。尿酸値8.0mg/dl台半ばの値が出ていても驚いてはならない。そう自分に言い聞かせながら診察室のドアを開ける。しかし私がイスに座る前にいきなり先生が発した一言は「良いですね〜」。

「……は?」意味がわからず突っ立っている私にイスを勧めた先生はモニターを指差す。尿酸値7.5mg/dl。正常範囲をオーバーしてはいるもののあの不摂生でこの値。それに数字で見ると7と8の与えるイメージは大違い。7.999mg/dlでも喜んでいたかもしれない。「いいんじゃないの〜」と思わずニンマリ。諦めムードから一転して他の結果を知ろうという意欲も湧いてくる。おかしなものだ。

その他データからわかることは尿の量が2000ml。これはうそです。正直に白状しました。しかしこれが検査結果に影響することはない。あくまでも治療方針の決定に関係するだけのことだ。前回のあの写真の量が2000ml(容器の中は40ml)の尿量ですよ、皆さん。よ〜く覚えておきましょう。

もうひとつわかったことはコレステロール値がレッドゾーンに入っているということ。これまで生きてきて始めての経験だ。普通ならこれは重く受けとめなければならない。なぜなら合併症の高脂血症の疑いも出てくるのだから。しかしこれは原因がすぐにわかる。正月の不摂生と、体重が激減したのを取り戻すために高タンパク・高カロリーの食事を意識して摂っていたためだ。それも正直に話して、今だけのことだから問題ないだろうということになった。おでぶちゃんじゃあるまいし、体脂肪率一桁になってしまった今の私がコレステロール値が高いというのも笑える話だ。しかし念のため当分の間、タンパク質はプロテインで補うことにしよう。

この後先生からちょっと気になるというか、魅力的な提案を聞くがそれはまた次回。だいたい診察はこんなもので当初の予定通りこれで通院もしなくて良いということになった。あっけないし「?」も相変わらずあるが、前回と違い今回は納得できることがある。つまり生活のだいたいの目安というものがわかってきたということだ。何もわからないうちは不安だが、あんなことこんなことをした結果の7.5mg/dlなんだから、これからこれを基準に考えれば良いんだ。

ということでたいして戦っていない闘病記だが、これで試合終了ということになる。のかな? あと3回ほど書いておきたいことがあるが、その後は何かあった時だけの不定期更新になるだろう。とにかく疲れた。一時はどうなることかと思ったが、一応決着が着いたようだ。真っ白じゃなくて灰色に燃え尽きたという感じだが……。

ところで今回右上のフィギュアを見て私の正体を知る人が何人かいるかな?いないかな?どうでもいいですけど……。
[PR]
by assy109 | 2005-01-24 20:37