タグ:病院・医療 ( 13 ) タグの人気記事
3/7 治療法:これでもいいのか?
このサイトのトップページで「これはあくまでも私個人のケース、私個人の感想です」と記したものは必ずしも逃げの一文ではなく、患者にとって最適の治療は人それぞれ違うと思っているからだ。それに、他のブログや会話中「これは明らかに間違っているなぁ」と感じても、それは医者ではなくその人の解釈が間違っているという可能性は高い。まあどんな場合も、訊かれなければわざわざ異議のコメントをすることもないが。

そんな私でもこれでいいのか?と思う治療があり、それは最初の発作直後の有無を言わさない薬物投与。これは鎮痛剤だけでなく、原因療法薬(ユリノーム等)までということだ。私の場合は薬に頼らず生活習慣の改善だけで治すことを主張していたので、もうどうしようもなくなってギブアップするまでの4年間は、先生から薬を勧められたこともない。また薬を服用するにしても、高尿酸血症のタイプが尿酸の産生過剰型なのか排泄低下型なのか見極めてからのはずだ。この段階を踏まずにユリノーム、というのはどうかと思う。たぶん尿酸値は間違いなく下がるはずなのだが、それでいいのか。

ところが先日、さらにその上をいく治療の話を聞いた。その御仁は痛風の発作もおこしていないのに、薬を投与されたと言っていたのだ。話してみると、彼は食事のことばかり取りあげる一般人とは違い、痛風に対する基礎知識はあって納得しているようだが。なんでも検査の時に多少尿酸値が高かったので即時処方された薬で下げてもらい、おかげでその後は平常値が続いているということ。その対処を自慢げに語っていた。

そりゃぁ薬を使えば下がるでしょう。しかし思うのだが、この人はそもそも高尿酸血症だったんだろうか? 1日の中でも尿酸値はたえず変化するもの。たまたま検査の時だけ前日の深酒等で高かっただけなのでは? 私の知人でも、尿酸値8.5mg/dl以上という数値を毎年検査の度にたたき出す者はいるが、それでも痛風にならない人はならない。もちろんそんな状態を続ければ合併症の恐れがあるのだが。その予防措置として薬を処方するということなのか? 確かに日本のガイドラインでは、発作をおこさなくても薬物療法を認めている。だがそれでも合併症が考えられる場合は8.0mg/dl以上、それ以外は9.0mg/dlを越える場合で、その状態が続かなければその限りではないはず。

今では病院は薬で儲けることができないシステムになっているらしいが、医師と薬局間で何らかの見返りがある(場合もある)という話もよく聞く。検査時に尿酸値が高い人間など世の中にごまんといるのだから、その段階で処方してしまえば薬の売れ行きがグンと上がるというものだ。難しい治療ではなく間違いなく尿酸値は下がるのだから、患者からも喜ばれる。まだその段階では薬は必要ない(かもしれない)ということを知らなければ、医者も薬局も患者も皆ハッピー、ということか。

この話は冒頭で書いたように患者の(又は私の)勘違いだったのかもしれないが、こんな話に心当たりがある人は要注意。医者の言うことを鵜呑みにしてばかりではだめですよ。ただ、痛風に限らず、他の成人病にも限らず、ストレスは現代において最大の病の原因。患者を喜ばせるというだけでも立派に治療になっている、とも言える。この話をしてくれた人にも「へ〜、そんな治療もあるんですか」と言うだけで、私は異議を唱えることもしなかった。満足している人にわざわざストレスを与えることもないだろう。
[PR]
by assy109 | 2011-03-07 17:27
10/2 検査 4(健診):只だから
b0070814_18221181.jpg

痛風とは直接関係ないのだが、昨年から国民健康保険に加入する40歳以上を対象に、無料の健康診査(健診)を行っている。診査内容は自治体によって多少違い、ここ東京港区の場合、総合的な健康診査の他に、無料で胃がん・大腸がん。女性は乳がん・子宮がん。必要ならば肺がん・喉頭がん等、がん検診も受けられる。会社員は会社の健診があるが、我々自営業は自分で機会を作るしかないから何となく億劫。こんなふうに自治体の方で背中を押してくれると助かる。何といっても無料だし。病院の血液と尿の検査だけで2,000円以上取られるご時世に。

いつもの病院の高尿酸血症検査が無駄にならないように、その検査からひと月後に設定。選んだクリニックに向かった。これも医院によって検査方法は微妙に違うが、ここは検査には慣れたもので流れ作業的に事が進み、3週間後に結果を訊きに行く。しかしその結果は尿酸値7.3mg/dl、LDLコレステロール140mg/dl。あれ?また高コレステロール付きの高尿酸血症に逆戻りだぞ。薬を毎日飲んでいるのに。

1ヶ月前の検査と今回の検査、ほとんど状況は同じはずなのに。ということは病院によって値が違うこともあるのか?──そんなことは普通ない。とすると薬では抑えられない程状況が悪化しているということか、このたったひと月の間に。ちょっと薬で安心し過ぎていたのか、もう制限解除状態だったからなぁ。これではまた関節に尿酸塩が付着して、いつ痛風発作にならないとも限らない。嫌々薬を飲んでいるのに、それでは意味がない。とりあえず酒でも減らしてみましょうか。

ところで、この画像はクリニックのお土産にもらってきたものだが、今では要求があれば、レントゲン写真もお持ち帰り自由らしい。写真と言ってもモニター上でいくつか見繕ってもらって、プリントアウトをクリックするだけ。PCだから簡単だ。これが私の胃。上の白いのがバリウムで、魚の骨はもちろん冗談。私は内臓脂肪が極度に少ないので胃下垂気味。内臓を安定させるにはある程度の内臓脂肪は必要なのだ。あ〜、一度くらいメタボになってみたいものだ。
[PR]
by assy109 | 2009-10-02 17:55
2/14 蓄尿 5:バレンタイン
CK-nyo のためにユリンメートを借りに病院に行ったら、
看護師さんがこんな袋に入れてくれた。

あまり嬉しくもなかった(笑)。


b0070814_8421167.jpg

[PR]
by assy109 | 2009-02-14 08:52
9/25 番外:突然手が動かなくなる!
b0070814_17475921.gif

これは痛風ブログです。違う病気にもなりかけましたが、あれは合併症等すべて痛風関連。しかしこれから書く病気は、痛風とは直接関係ありません。が、ここも病気ブログのカテゴリー。誰にでも発症する可能性がある病気を見過ごすわけにはいきません。そこでその予防として、病気ブログなら知らせる義務があるのではないかと思い、投稿した次第です。

と言っても、することは私の別ブログにリンクするだけ。実はこっちもあるから、なかなかこの痛風日記にまで手が廻らないんです(笑)。それに今は病気も順調。取り立てて書く事がないし。

ということで、これは前回の発作の時になった病気です。ええ半年以上前のこと、どう思っていただいても構いません(笑)。紹介する病気の名称は「橈骨神経麻痺(とうこつしんけいまひ)」。別名「ハネムーンシンドローム」又は「サタデーナイトシンドローム」。

Episode 1
Episode 2
Episode 3
Episode 4
[PR]
by assy109 | 2008-05-05 10:56
7/27 検査 3:健康保険
b0070814_20202545.jpg痛風日記なのに、その日の出来事を投稿したのはこれが初めてなのかもしれません。一応ブログの形態を取っているのにこれではまずいんじゃないだろうか。

まあそれはさておき、昨日は病院からユリンメートを借りてきて、いつもの24時間蓄尿。そして今日は検査でした。右の写真は前日分の蓄尿です。少ない!以前撮った写真が2,000ml相当の尿量(容器内は40ml)なので、これでは1,000mlあるかないかというところ。今、水分はかなり摂っているんですけどね。でも原因は最近急激に気温が上がってしまったからに違いないので、これはさほど気にしなくてもいいとは思っています。

ところで、私の通院する病院は最近検査のシステムを改善したようで、受付(機械式)から検査室へ直行できるようになりました。それまでは検査だけの時でも一旦診察室に顔を出し、医師からカルテを受け取った後に検査室に向かっていました。この診察室での無駄な待ち時間が省略されるんです。ところが良いことばかりではありません。せこい話なんですが、診察受付に立ち寄る必要がなくなったので、通常その時返却されるはずの貸し出し用ユリンメートがなかなか戻って来なくなった、と看護士の方が嘆いておりました。そんなものですかね。検査室から診察受付、たった20m程の距離なのに。

検査は本当にスムーズなりました。病院に入ってから10分足らずで尿と血液の採取等すべてが終わり、後は料金を払って帰るだけ。ところがその時になって気がつきました、「保険証を忘れた!」。どこの病院でもそうでしょう。治療が続いていても、3ヶ月間が空いたら保険証が必要です。今は半年に1回のペースなので毎回必要だということはわかっていても、半年に1回だからこそ忘れてしまうんですね。そしてそうなるとまた時間を無駄にすることになります。大病院の流れ作業のようなシステムから、外れた人間になってしまうわけですからね。

取りに帰れば問題ないんですが、それも面倒。となると一旦初診の受付に行って、手続きをするのがここのやり方。これは診察券を忘れた時もそうなんですが、保険証を忘れた場合はもう少し待たされた上に、一旦は保険なしの全額を支払わなければなりません。これは後日保険証や領収書を持参すれば差額は返却されるんですが、これまた面倒。思うんですけどね。最初に保険証を提示した時点で、すべてのデータが病院側に入っているんじゃないんですか?治療が続いているのに、3ヶ月毎に保険証そのものをわざわざ持って行くというアナログな方法を取る理由は何なんだ?この時代に。なんて……忘れたことを棚に上げてほざいてみました。まあ個人情報の保護と、状況の変化に対応するため、というのが理由なんでしょうけど。保険証は身分証明書代わりになる程のものですからね。それにしても、それがなくても、病院関係者は病人のプライバシーを簡単に知ることができる立場にあることは確かだとは思うんですが……。

とはいえ全額支払った領収書を見てみると(高い!)、ちゃんとした保険がある国に生まれて良かったと思います。と思う反面、大病にでもならない限り、支払っているかなりの額の保険料は元がとれない。まあそれが保険というものなんだけど。もっとも、元をとれる状況にもなりたくないですが……。
[PR]
by assy109 | 2007-07-27 20:26
2/28 エコー:一度くらいは
b0070814_2032712.gif記事がだいぶ遅れてしまいましたが、私2月20日に超音波検査(エコー)を受けて、28日にその結果を聞いていたのでした。

それにしてもこのエコーというもの、イヤなもんですね。カーテンで仕切られたベッドで、検査技師と1対1なんですからね。言われるままに息を吸ったり吐いたり身体の向きを変えるしかすることがないから、わからないなりにモニターを見てみれば、何だか悪そうな映像が映っているし。検査技師も一応検査状況がわからないように無表情、無言を心掛けているんでしょう。それがまた居心地が悪い。まあぶつぶつ独り言を言われるよりもいいんですが。変なことをつぶやかれたら、検査結果を担当医から聞くまでの間が心配になってしまいます。

私の場合、これまでの検査で異常な数値は出ていなかったのでそれほど深刻ではなく、大丈夫なことを確信するために受けたんですが、受けたらその後逆に不安になってしまい、仕事が忙しい中集中できなくて、ちょっと困った1週間になってしまいました。

結果は、まあ大事ではなかったんですが、写真を見ながら説明を聞くと、腎臓と肝臓が小々痛んでいるということでした。当然全く健康体ということはないはず。でもひょっとしたら?という期待はあったんですね、検査前は。でも検査でちょいと不安にさせられてしまったので、この結果は私としては上々と言えなくもないのです。普通の中年はこんなものでしょう。

腎臓はなかなか正常には戻らないらしいんですが、肝臓は慢性の肝臓病にでもならない限り、元の状態に戻すのはさほど難しいことではないらしい。と言ってもこれは摂生を続けることができればの話なんですが。ということで、どちらの臓器にも効果的な対策として、バランスのとれた食事と共に、もう本気で酒を控える段階に来たということなんでしょうね。毎日飲んでいたものを週に2〜3日にして、できれば量も減らす。こんな指示を先生から受けました。さらに(これは自主的に)連日続けて飲まないようにしているんです。そんな方法で1ヶ月以上、結構続いてますよ。早く正常な肝臓の写真を見たいんですが、問題なのは腎臓の方、焦ることもない。エコーは気分も悪いから(検査自体は無害ですが)、年に1回でいいかなと思っているんです。
[PR]
by assy109 | 2007-04-04 20:08
2/3 医療とマスコミ:何を信じる
私は父親を医療ミスで亡くしている。今のように社会問題として大きく取り上げられる以前のことだ。当時は訴えても100%負けるだろうと言われた。その死に至るまでの病院側の対応と、以前私自身が患っていた皮膚病に対する治療方法。このふたつが私を医者嫌いにした。できることなら病院になど行きたくないと今でも思っている。
b0070814_2043524.gif
この医療ミスの問題を社会に広めるためにマスコミの果たした役割は大きかった。 もし今なら、父の死ももう少し納得できる形に納まっていたかもしれない。

しかし最近の「高尿酸血症」や「高脂血症」の治療に関する「週刊朝日」の記事はどうなんだろう?「尿酸値は下げなくていい」「コレステロール下げすぎは危険」と題した記事なんだが。簡単に言えば各学会から出されるガイドラインは科学的な根拠のない物で、この数値に添った治療では検査漬け薬漬けになってしまう。またその薬も危険な物が多い。と、こういうものだ。これに対し大半の医療関係者は「筋が通らない根拠のない事だ。証拠資料も古い物ばかりで、(部数アップのための)言い掛りとしか思えない」という態度だ。しかし最も多く使用されている痛風治療薬「ベンズブロマロン」(商品名ユリノーム)服用者が肝障害で死亡、重症になっている。たとえ薬は安全だとしても危険な処方をした医師がいたことは事実だ。そしてこのガイドライン。痛風のものは「高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン」と言い、2002年に作成されたもの。これが昨日「ずさんな手続きで策定されていたので、今年4月に改定作業に入り、適切な手続きで新ガイドラインを作成することにした」らしい。

はっきり言って私にはもうわかりません。一般人は「痛風は贅沢病」なんてことを常識のように言っているレベルなんだから。ただ言える事はこれは人の命や人生に関わる問題。医療関係、マスコミどちらも儲けるのは構わないが、患者を優先して考えていただきたい、ということだ。もちろんその業界全体が腐りきっているわけではないだろう。私たちの業界でもいいかげんな仕事をする輩に業界全体が迷惑しているということもある。この問題も同じように自分のメンツや利益だけを考えている医師、話題を大きくして喜んでいるだけの記者、本当は知識のない者、逆に知っているのに自分の利益を優先する者。こんな人間が関与しているかもしれない。しかしそれ以外の誠実な人たちは、本当に患者のことを思うのであれば、慎重に考えて発言・行動していただきたい。間違った判断のために命を失ったり、一生不自由な生活をする者が確実に出てくるということを忘れずに。それだけ考えてくれれば、あなた以外はバカで無知な一般大衆と思っていただいても構いませんから。
[PR]
by assy109 | 2005-02-03 20:08
1/30 選択肢:日本人の証
b0070814_18292643.gifさてここにふたつの道がある。あなたならどちらを選ぶだろうか?ひとつはこれまで通り薬には頼らないで、生活習慣を改善して尿酸値を上げないように自分で努力する道。そしてもうひとつは薬を使って一気に尿酸値を下げ、関節に付着している尿酸塩を一度取り去ってから新たに治療をするという道。

これが前回先生から提案されたもう1つの選択肢だ。断っておくがこれは私の質問に対して先生が答えた事。一部のマスコミが言っているような薬を売るための強要ではない。そして先生自ら「今良い感じで尿酸値が下がっていますから、その方法は取らない方が良いでしょう」とおっしゃっていた。

この薬についてだが、少し誤解を招くようなことを書いていたようなのでここで補足することにする。高尿酸血症に使用する薬は、使えば後には戻れないというような薬ではない。それがないと生活できなくなる身体になるわけではないということだ。だから使用をやめればまたその時点から再スタートするというだけだ。私の場合はとにかく薬がきらいということ。できることなら自分の力で直したいという考え方なので、少し大袈裟な表現をしてしまったようだ。

ということで話は戻るが、一応却下ということになったこの提案。ちょっと魅力的だと思いませんか?一度リセットしてしまうんですよ。「コンピュータゲーム世代は何でも一度リセットして再スタートという感覚を持っている。これは如何なものか?」というようなことを有識者が言っていたこともあったが、何を言ってるんだか。これは日本人には珍しくない考え方「みそぎ」のようなものじゃないか。本来は水を使って体を清め罪や穢れを洗い流すことだが、一度身を退いて再スタートしたり、何か大切なことがある時は身体をきれいにしたり、小奇麗な服を着たりするのもそれに添った考え。正月もそうだ。色々な事があってもそれは大晦日まで。元旦からは新たな気持ちで再スタートする。「みそぎ」は神話の時代、イザナギから始まる。これは日本人のDNAに刷り込まれている価値観なんだ。

尿酸値が7.0mg/dlを超えていると(高尿酸血症)、関節には常に尿酸塩が付着している恐れがある。これを薬で尿酸値を下げる事により取り去るというのはまさに「みそぎ」。きれいな身体になって再スタートするわけだ。これは薬嫌いの私にも充分魅力的なことだと思えるんだが、皆さんはどうだろう?
[PR]
by assy109 | 2005-01-31 20:13
1/8 尿採集3:ちょっと失敗
b0070814_20231053.gif診察1週間前ということで今日は恒例の「ユリンメート」での尿採集。考えてみると今回はかなりまずい状態になっているかもしれない。前回のスキー旅行から1週間も経っていないのだ。体調が平常に戻る時間があったのだろうか。もう少し考えて予約をすれば良かった。

右が今回の結果。1280×960の画面でほぼ原寸(だと思う)。成分はこれから判断しようがないが、量はこれで良いのだろうか?自信がない。しかも今回は多少ズルをしてしまった。これは私のせいとも言い切れないのだが、器具の調子が悪くて少しこぼしてしまったのだ。常連さんは自分で「ユリンメート」を購入するらしいが、私はもちろん常連になどなりたくない。だから病院で借用することになる。しかし何度も使っているとネジの部分がいかれてくるものも出てくるようで、今回は運悪くそれに当ってしまったようだ。容器を傾けたらかなりの量の尿がもれてしまったのだ。それでそれを補充するために目分量で3回分程の尿を足してみた。今回は前回程尿の量が多くなかったからこれじゃ多すぎるかなと少し不安だ。どうなんでしょう?と聞いてもわかるわけないですよね。まあとにかくこれで提出。成分には問題ないし病院でも採集するんだから大丈夫だろう。

それにしても最近の病院は変わってきている。この慈恵医大病院だけなのか。問い合わせの電話をしたらアニメ声の女の子が出てきたぞ。声だけがそうならしかたないかもしれないが「うん、うん、そうなんですよぉ〜」というような話し方でまるでアイドル。まあ言っていることは的確で全然不快ではないのだが、何か変。
[PR]
by assy109 | 2005-01-08 20:28
10/29 尿採集 2:もう慣れました
来週は3回目の診察。その1週間前には例によって尿採集がある。普段と同じ生活の中で採集したものが望ましいということはわかりきっているが、少しでも良い成績を取りたいというのは私たちの世代の悲しい性か。それにこの結果に薬漬けの生活になるか否かが掛かっている。

今回は万全の体制で臨もうと関係各社に「この日は家から出ることはできません」と1週間前から伝えておいた。しかしそう簡単にはいかない。ちょうどその日にラフの提出日が重なってしまった。前回の「仕事を真面目にしない」というのとこれは意味が違うので、代理店に向かう。そして早めに帰宅。なぜ外出したくなかったかというと、汗で水分が失われるのを避けたかったからだ。前回の悪い成績は尿の量が少なかったことが原因として大きい。これの対策としての引きこもりなのだ。しかし前回とは天候が違うこともあって、たいした汗もかかずに帰宅。仕事をしながら尿採集となった。

b0070814_2164869.gifしばらく続けるうちに「これでいいのかな?」と不安になってきた。──異常に尿が出るのだ。今日は肌寒いがまだ暖房を入れるほどではないから、少し着込んで仕事をしているんだが。そのせいなのか30分もしないうちにトイレに行きたくなる。そして量も多い。1回ユリンメートに入り切れない時もあった、もったいない。まったくどうなっちゃったの私のからだ。

そして24時間後。たっぷりの尿を容器に入れて自信満々で病院へ。今回は病院での尿採集も、血液採集もスムーズに終わり10分ほどで病院を出る。これで約3,000円、とすると時給18,000円。もう金の計算はよそう、そういう問題ではない。
[PR]
by assy109 | 2004-12-14 21:09