タグ:痛風日記 ( 8 ) タグの人気記事
2012/6/16 完治:そういうことなのでは?
「今現在薬(ユリノーム)を服用することをやめて、このブログを始めた時点に戻った、薬を使わず生活習慣で治す高尿酸血症治療を再スタートしている」。と書いたし自分自身そう信じていたのだが、ちょっとそれは違うんじゃないのかい? と近頃思うようになってきた。何が違うって、もう7.0mg/dlより下の尿酸値なのだから、私は既に高尿酸血症ではないということなのだ。そこがスタート時点とははっきり違うところ。

これは太る体質だということを自覚しているから、食事制限やエクササイズに気を使っている女性のようなものだ。その努力の結果、素晴らしいプロポーションを保っている女性をデブと呼ぶ者はいないはずだ。これと同じことなのでは?つまり生活に多少気を使えば高尿酸血症にならないんだから、それは普通の健常者と同じこと。もう治療じゃない。それを完治したと言えないだろうか?
b0070814_1226585.gif

このグラフが初めての発作から今までの高尿酸血症の経緯で、上のグラフがユリノーム服用前、下がそれ以降。服用以降はグラフを下に伸ばす必要がでてきた。尿酸値を含め各値がほとんど基準値の範囲に収まっているからだ。そしてこれが薬に頼っての結果なら、それはまだ病気中。だが薬をやめてもそれを保っているんだから、これはもう病気持ちとは言えないだろう。それも1回だけでなく既に1年の長期間なのだ。

薬をやめてからは尿酸値は基準値ぎりぎりまで上がってしまったから、年に3回程度の検査は続けた方が安心だが、食事のバランスをとっているから悪玉コレステロールもほぼ安定。この生活を続けて行けば、合併症含めて何の問題もない、ということになる。普通にそこいらにゴロゴロしている、同年代のおデブちゃんよりもよほど健康的というものだ。

痛風(高尿酸血症)は治らない。一生薬を飲み続けなければならない。これも一種の常識と言えるかもしれないし、割り切ってしまえばそれも楽だ。私自身そう思うしかないという時期もあった。だが私の今の状態、これを完治と言わずして何と言う? ということで今回は、痛風になったからってそれほど悲観的になることはない。治るやつは治るんだよ、という希望を残しての取りあえずの最終回。全国の痛風、もしくは痛風予備軍の皆さんには何か参考になることがあるかもしれないので、このブログはこのまま残しておきましょう。また何かあったら再開することになるけれど……いいや、もうない!……と思う(笑)。
[PR]
by assy109 | 2012-06-16 12:30
10/17 痛風日記 6:I’m Back!
b0070814_1418367.gif

『ユリノーム』(と『ウラリット』)の服用をやめて約4ヶ月。その間2回の検査は、1ヶ月後に尿酸値6.5mg/dl、3ヶ月後は6.8mg/dlで、やめる直前の5.0mg/dlからは多少値が上がってきているが、高尿酸血症とは言われない基準値の7.0mg/dl以内に収まった。これなら元通りの痛風治療薬を使わない治療の再スタートと言えるだろう。

そういうことなら、この通風日記も新たなシリーズ「Season 4」に突入だ。だがサブキャッチは? ご存知の方もいらっしゃると思うが、ここのサブキャッチはバットマンの映画シリーズからいただいている。だが残るはダークナイトかロビンか Mr.フリーズ。どうも現状に即さない。だが Mr.フリーズ? シュワちゃんか。そうだ、それがあった。シュワちゃんといえばターミネーター・シリーズ。「I’ll be back!」といつか薬断ちすることを誓った私も「Hasta la vista, Baby!」とはならず、約3年の月日を隔ててめでたく「I’m back!」。そしてこれから痛風を完全に根絶させるなら terminator はふさわしい。ということで自己満足のこの記事で Season 4「痛風ターミネーター」はスタート。スキンも景気付けに、チャラチャラっと派手にしてみよう。
[PR]
by assy109 | 2011-10-17 14:38
5/24 痛風日記 5:痛いのはお嫌い?
以前一度紹介したことがあるが、このExciteブログには簡易アクセス解析機能がついている。私はアクセス数やコメント数に関心があるブロガーではないので(というよりこれをブログだとも思っていない)頻繁にチェックはしていない。しかし、先日見てみると、ここに興味深い結果が現れていたのだ。それが下の表で、これは今年に入ってからの『痛風日記 3』の検索ワードランキング。前回と同じ色分けをすると、ほら、ほとんど「リューイーソー(緑一色)」。つまり痛風の痛みを調べるための検索だったのだ。

b0070814_17342480.gif

以前の記事はこれ。2006年11月11日のものだ。この時は頻繁に現れる「贅沢病」というキーワードが気に入らなかったのだが、3年半の歳月を隔てた今、ご覧ください、ほぼ一掃。そして上位を占めていた食事に関するキーワードも一掃されている。さらに、この痛み関連以外のキーワード、「痛風」「痛風日記」「痛風 症状 写真」にも、痛みの情報を得るための検索は含まれているはずだ。

これから何を読み取ればいいんだろう。私は思う。つまりこういうことなんじゃないだろうか。健康診断の結果、尿酸値がイエローゾーンどころか、いつ痛風になってもおかしくないというレッドゾーン、立派な「高尿酸血症」患者が急増しているのでは?彼らにとってはもう「痛風って何だベ?」という段階ではないのだ。来るべき激痛のためにどのような心の準備、そして痛み止めの準備をしておかなければならないかという、待ったなしの状況なのだ。憶測だけどね。でも興味本位かもしれない贅沢病や食事よりも、切実な情報を求めているような気はする。実際発作中の人やその家族なのかも。

私に言わせると、そんな発作よりも、高尿酸血状態を続けることの問題点に目を向けてほしいんだが、まあそれは一度痛風になってみなきゃわからんか。ともかく、関心は強くなっているし、それに伴って知識も深くなっていくはず。いつまでも贅沢病だなどとぬかしているやつは恥をかくぞ、という世の中はもうすぐそこということなんだろう。良いのか悪いのか。We are the Gout World!

あ、それからもうひとつ気になったんだが、『ユリンメート』のこの人気は何なんだ?
[PR]
by assy109 | 2010-05-24 17:50
11/11 通風日記 4:検索
ご存知だとは思いますが、これはブログです。でもそれは更新が簡単だから利用しているだけであって、実際はHPのようなもの。普通のブログのような記事の鮮度は、ここではあまり意味がありません。右のカテゴリから興味のある項目を選択して、ご覧になっていただきたいのです。

ところでその興味のある項目とは何なのか、それに興味はありませんか?実はこのエキサイトのブログには、数ヶ月前から簡易アクセス解析機能が追加されたのです。簡易機能なので簡単なことしかわかりませんが、どんな言葉で検索されたのか、ということくらいならわかります。検索の場合、言葉によっては全く無関係なサイトにジャンプしてしまうこともありますが、この「痛風日記2」は痛風にテーマが絞られているので、あまりに違う言葉で検索されることはありません。少なくとも上位の検索ワードはそうです。だからこのアクセス解析結果は、痛風についてウェブで何を調べようとするか?という判断材料としては間違いのないものだと思います。

b0070814_1074522.gif

それでは痛風を調べようとする人は、最初に何を知りたいか。このランキングの1位、2位は「痛風」「痛風日記」です。まあこれは当然ですね。それにしても痛風日記って、これだけ認知されているんですね。痛風の人は日記を書くのが普通なんでしょうか?単語を分けたものと合わせればかなりの検索数です。「フリー百科事典Wikipedia」に登録される日も近いか?「糖尿病日記」とどちらが多いんでしょう?

というようなことはともかく、このふたつを除くと、ほとんど「食事・飲み物」「痛み止め」、そして「贅沢病」になるようです。贅沢病も食事関連と取れなくもないですね。当然と言えば当然かも知れないんですが、巷で言われている痛風イメージにピタリと一致しています。つまり「風が吹いても痛くて、贅沢な食事をしているとなりますよ」ということ。

これは検索している人の状況によっても項目が違うんでしょうね。尿酸値が高い人や奥さんが予備知識として調べているのか、現在発作中でパニックになっている人なのか、もうその道のベテランなのか、ということです。ユリンメートロキソニンで検索する人は素人さんじゃないでしょう。でも相変わらずのこの型にはまった結果があればこそ、このサイトを運営している意味があるというものです。痛風はそんなものじゃないんですよ。

ただわかってはいても、その中で毎月いつも微妙な位置を占める「贅沢病」の三文字が、神経を逆なでしてはくれますが……。
[PR]
by assy109 | 2006-11-11 23:04
11/2 通風日記 3:変更
先日めでたく(?)2回目の発作を迎えて、初心者向けからグレードアップした感のあるこの痛風日記(笑)。そこでこの機会に、このサイトも少々変更を加えて、さらに充実したものにしていこうと思っているわけでございます。

まずタイトルを変えます。ご存知のようにベタに「痛風日記」と銘打っているのは私くらいで、他の人は「◯◯痛風日記」という形になっています。まあ、これは差別化をするための当然の方法。なぜここがただの「痛風日記」なのかといえば、それはホームページの一コンテンツをそのまま持ってきたから。そのうち変えようと思いながらも、ずぼらな性格で2年目を迎えてしまったというだけなのです。「痛風日記」は登録されているわけでもないし……。しかし、今回2度目の発作ということで、良い区切りです。この機会に変えてしまいましょう。

ということで今日からは新タイトル。新しいタイトルは──ハイ「痛風日記2」です。ええ、2(ツー)が付いただけですが、何か?(笑) これは発作2回目という意味と、単純にドラマと同じセカンドシーズンという意味です。あまり大きく変えるのも何だし……。英語なら「GOUT DIARY 2」略して「GD2」。「ミッション・インポッシブル2」のようでカッコイイでしょ?スキンも多少変更していくつもりです。

もうひとつは、おわかりでしょうか?この文体です。これまで「である」調だったものをこれからは「ですます」調にします。「である」調というのは、事実や自分の意見を書く場合には簡潔で歯切れが良いんですが、内容によっては冷たく偉そうなイメージになってしまいます。時には口語体が入ってきている部分もあるんですが、基本的には「である」調。これで無理はなかったはずなんですが、最近は事実というよりも語りかけのような雰囲気になってきているので、「である」調では無理が出てきたんですね。自分で書いていて「あんた何様?」とツッコミを入れたくなってしまいます。語尾だけでなく、当然それによって、内容も少し変わるはず。もっともコメント欄の中では、最初からそういう口調でしたが……。

こんなちょっとしたマイナーチェンジですが、過去にさかのぼって全部やるのは大変です。また、その必要もないでしょう。<プロローグ2回目の発作からにさせていただきます。それでは、これからも、この「痛風日記2」をどうぞごひいきに。
[PR]
by assy109 | 2006-11-02 23:24
12/24 通風日記 2:おすすめ痛風サイト
b0070814_8474374.jpg前回で一応中締めということにしたのだが、このビギナーズクラス・痛風ガイドのままではどうにも後味が悪く申し訳ないので、皆さんにクリスマスプレゼントを用意した。それは「高プリン体食品詰め合わせ」──じゃなくて、痛風関連のおすすめサイトだ。

元々Webは医療関係で成長してきたものなので、症状を解説するような痛風サイトは数多くある。しかし何かと偏見が多いこの病気。他の患者の症状やどういう生活をしているのか、ということが気になるもの。それを紹介したものが以前も取り上げた「痛風日記」。これも一応そうなのだが……。

で、おすすめサイトということなのだが、そういくつも挙げるつもりはない。私のおすすめは「HIDEPARKの痛風日記」これだけだ。このサイトは業界では(どんな業界や?)超有名サイトでその充実ぶりは他の痛風日記とは別格だ。私も発作が始まった頃にはかなり参考にさせてもらい、力づけてもらい、そして笑わせてもらった。運営するHIDEさんももちろん痛風患者、しかもかなりの猛者だ。HIDEさんの書く体験談もコラムも、経験者にしかわからない細かな描写とユーモアに溢れていて、時間を忘れて読んでしまう。いやいや経験しなくてもレプリカント(ブレードランナーのね)でない限り感情移入してしまうストーリーテラーぶり。もちろんノンフィクションなんだけど。

そしてもうひとつこのサイトの素晴らしい所は、全国から寄せられた痛風患者の体験談だ。私もそうだが、自分のことは誰でもその気があれば書ける。でも他の人の考えや体験を集めているところはあまりない。それもすべて痛風患者のため。HIDEさんのお人柄だろう。今回も私のリンクのお願いに心良く応じていただいた。

大ヨイショ大会になってしまったが、私がこれほど他人を誉めることは少ないから、ここは期待して間違いない。最初にこのサイトを紹介してしまったら、うちにはひとりも訪問者がいなかったかも。ここを紹介できただけでもこの痛風日記を作った意味があったかな。
[PR]
by assy109 | 2004-12-24 15:29
12/18 私見:私にとって痛風とは
「羊の皮を被った狼」。本来あまり良い意味ではないこの言葉を、最上級の魅力ある言葉にまで押し上げたのはあの名車「スカイラインGT」だ(最初は「羊の皮を着た狼」だったようだが)。日本の自動車業界が一番魅力的だった時期が私の子供時代に重なる。そして私はその気持ちのまま日産系の会社に入社してしまった。スカイラインがその全身で示したこの言葉の意味とは「穏やかな外見の内に秘める驚異のポテンシャル」。同じ頃の「男は黙って〜」というCMと相まってその頃の男の子が憧れる価値観を作りあげた。

今は「要領良く・格好良く」「コミュニケーションとネゴシエーション」。これが長けている人物が好ましい人物像だ。それに異論はない。そして能力があるのならそれを態度だけでなく、自分の言葉でアピールしなければならない時代。それもわかる。しかし、あの日本中にパワーが溢れ、未来を夢見て生きていける時代に育ったこの私は、「しらけ世代」と言われながらもこの「ジャパニーズマッチョ信仰」とでも言える価値観を最上のものとしてとらえていた。
b0070814_17382139.jpg
その「羊の皮を被った狼」の対極にあるのが「狼の皮を被った羊」。こんな言葉は本当はないのだろうがよく使われる。具体的には「外見だけで中身が伴わない」「口だけで実力はたいしたことがない」、こんな人間だ。これはどんな時代でも嫌われるはず。前振りが長くなってしまったが、私が痛風になって一番痛かったのは患部や生活習慣の変更ではない。少し意味は違うがこの「狼の皮を被った羊」に自分がなってしまったという実感だ。

私に始めて会った人は多分私の歳を10才以上若く見るはず。それは童顔というだけの問題ではなく、全身の体型、肌の張りや少ない皺、そして体力。すべて若い。外見だけでなく、離婚して子供はいなく、仕事は広告業なので言動も若くなってしまう。だから歳のわりには若く見えるとか年齢不詳といった次元の問題じゃなく、10数才下に見てもらえれば何の違和感もない。もちろんこれは自慢ではない。男としては恥ずかしいことだと思っている。男は年相応の外見で年相応の言動をすべきだ。言動は時と場合により気遣ってはいるが、この歪んだ状態のまま自分の中で折り合いを付けていた。それがこの痛風。全体が若いのならまだいいが、外見だけは若くて内部は年相応かそれ以上の衰えということになる。これが私が言う「狼の皮を被った羊」、最悪だ。気持ちのバランスやプライドがすべてズタズタ。この激痩せもそれが原因なのかもしれない。ただこの驚異の回復力がまだ救いではあるが……。

以上、これが私が体験して感じてきた痛風のすべてです。まだ終わったわけではありませんが、異変があるか完治と言って良いような状態になるまでもう書くべきことはないので、ここで中締めとさせていただきます。最初に書きましたがこれはあくまでも私のケースで、体質や生活習慣が違えば治療法は違うはず。先生によって治療方針も違うのでそちらを優先すべきです。この痛風日記は最終的には初心者コースになってしまいましたが、少しでも参考にしていただければ書いてきた甲斐があるというものです。最後にここまで稚拙な文章に付き合っていただいただけでなく、励ましのコメントまでいただいた皆さんへの感謝の言葉で締めさせていただきます。

ご期待に添えずに(?)1/3年という短い日記になってしまいましたが、皆さん本当にありがとうございました。──もし来年1月半ばからまた再開ということになったら、呆れずにまたお付き合いいただけます、よね?
[PR]
by assy109 | 2004-12-18 19:46
8/29 痛風日記 1:性格が出てます
b0070814_0592421.gifさて、これまで発作時のことを書いてきたが、実はまだこの時点では痛風の知識はほとんどなかった。兄が痛風のため、プリン体のことや薬や放置しておくと内臓に害が及ぶことぐらいは知っていたが、詳しいことはわからない。病院でも手取り足取り教えてくれないだろう。それに自分の病気のことぐらいある程度知っておくのは病人の義務だと思う。だまされないためにもね。

ということでまたまたネットで調べるわけだが、医者や薬の専門知識のサイトに混じってかなりの数、検索に引っ掛かってくるものがある。それが患者自身の体験談、痛風日記なのだ。タイトルは様々だが、これがけっこうおもしろい。調べものもそっちのけでこんなものばかり読んでしまった。で、読んでいるうちに奇妙な合致点が多いことに気がついた。う〜ん、これは痛風占いでもあれば受けるかな?とも思ったが、こういう人たちは(私も含めて)占いなんて気にしないタイプなんだろうな。

一言で言えば痛風日記というものは、「怠惰」と「チャレンジ」の記録なのだ。まあ痛風という病気の特性で、毎日劇的な変化があるわけじゃない。それにしても日記というのに日にちが空き過ぎてるぞ。そしてやってることが怠慢。だからだいたい肥満体。でもあまりダイエットも興味がないのか、効果がない。もちろんよく食べる。それも珍味、内臓系のものを。痛風に悪いことは知っていながら、大丈夫だろうと挑戦してみる。そして当然発作。それも徐々に重症になっていくようだ。だいたいこんな感じ。統計を取ってみるとO型が多いんじゃないかな?

かく言う私もこの例にもれず、典型的なO型気質。太っていないだけでそれ以外はほとんど同じ。仕事以外はぐーたらで、たぶん今の痛みが完全に消えてしまえば、ビールや内臓にまたチャレンジするんだろうな、と今からでも想像できる。

痛風の患者が皆こんな日記を公表しているわけじゃないから、こういう人たちは公表したがるという新たな要素が加わるわけで、痛風患者をひとまとめにするのはたしかに乱暴な話なのだが、けっこう好きだよこういうタイプの人たちは。あまり悩まずにあっけらかんと病気と付き合っている。私もそんな態度を見習おう。どうせ一生ものの病気だ。「しゃーないやんけ」と開き直ってこの日記を書くことにしたのです。
[PR]
by assy109 | 2004-11-28 23:44