タグ:薬品・医療器具 ( 20 ) タグの人気記事
10/17 痛風日記 6:I’m Back!
b0070814_1418367.gif

『ユリノーム』(と『ウラリット』)の服用をやめて約4ヶ月。その間2回の検査は、1ヶ月後に尿酸値6.5mg/dl、3ヶ月後は6.8mg/dlで、やめる直前の5.0mg/dlからは多少値が上がってきているが、高尿酸血症とは言われない基準値の7.0mg/dl以内に収まった。これなら元通りの痛風治療薬を使わない治療の再スタートと言えるだろう。

そういうことなら、この通風日記も新たなシリーズ「Season 4」に突入だ。だがサブキャッチは? ご存知の方もいらっしゃると思うが、ここのサブキャッチはバットマンの映画シリーズからいただいている。だが残るはダークナイトかロビンか Mr.フリーズ。どうも現状に即さない。だが Mr.フリーズ? シュワちゃんか。そうだ、それがあった。シュワちゃんといえばターミネーター・シリーズ。「I’ll be back!」といつか薬断ちすることを誓った私も「Hasta la vista, Baby!」とはならず、約3年の月日を隔ててめでたく「I’m back!」。そしてこれから痛風を完全に根絶させるなら terminator はふさわしい。ということで自己満足のこの記事で Season 4「痛風ターミネーター」はスタート。スキンも景気付けに、チャラチャラっと派手にしてみよう。
[PR]
by assy109 | 2011-10-17 14:38
9/1 診察14:薬、やめました
b0070814_18204987.gif

薬をやめたと書くと違う種類の薬のようだが、私は人間をやめていたわけではない。英語なら『drug』と言うより『medicine』だ。一応書いておこうと思う。私ここ数ヶ月、薬を服用していないんですよ。薬というのはもちろん『ロキソニン』ではなく、痛風・高尿酸血症治療薬の『ユリノーム』。これは飲むのが面倒になったからとか、よくある自分勝手な判断ではなく、医師と相談した上での行動だからご心配なく。

今のところ自覚症状もないから私も安心している。もっとも、もう関節の痛風塩は一旦取り除かれているはずだから、そこに再度付着するまでの時間的余裕はあるはずなのだが。ともかく今はしばらく状況を見た後、検査で尿酸値の変化を確認する段階。その検査日ももうすぐやってくる。これはその前に、書けるうちに書いておいた方がいいかな、という記事なのだ。即刻中止、という事態になるかもしれないので(笑)。
[PR]
by assy109 | 2011-09-01 18:37
2010/2/27 薬品 3:痛くなったら…
「痛くなったら」とくれば「すぐセデス」。セデスは市販薬も処方薬もあるが、処方薬の方は副作用が強いため、通常鎮痛剤として処方されるのは、ピンクの錠剤『ロキソニン』ということになる。市販薬より当然強力。頭痛でも関節痛でも歯痛でも、痛みには何でもOK。熱にも効く。渡哲也さんが「おっ 第一三共」とドスの利いた声で勧めてくれる、第一三共の薬だ。うちのには「SANKYO」としか刻印されていないが。これは古いのか?最後の処方日時は平成20年7月4日。まあ、腐るもんでもないと医者も言っていた(通常数年の消費期限は表示されてもいるのだが、それを過ぎて使用された事が原因で大事になった例はほとんどない)。効いたらいつも早めに切り上げるから、うちにはロキソニンは売るほどある。先日も、考え事をしながらのスクワットで膝を痛めた時にお世話になったばかりだ。

b0070814_18133454.jpg薬嫌いの私も、このロキソニンだけは信頼して利用している。信頼する理由は、私には座薬よりよく効くその効果。そして副作用が少ないということだ。薬局で言われる副作用は胃が荒れるということだけだった。それも他の鎮痛剤よりは軽いらしい。なのに最近ネットでも世間話でも、副作用の話をよく聞くから心配になってくる。発疹の話はなぜか数人から。私はアレルギーで発疹になるケースが多いのでこれは気になる。それにインフルエンザの時に利用すると、インフルエンザ脳症になって危険だとか。その他にも依存性がある、腎臓・肝臓がやられる等々……何だ副作用が多い薬にも見えてくる。ネットの話はガセネタも多いだろうが、発疹とインフルエンザは気になる話ではある。

薬剤師さんに問い合わせると、人によってはそういう副作用もある。インフルエンザの時は、これを熱冷ましに利用するのがそもそもの間違い、という答え。質問すれば答えてくれるが、現病状に直接関係ない副作用は、いちいち説明しない薬局も多いのだろう。処方薬をストックして他の症状で使うのは、通常考えても勧められることじゃない。でも、ロキソニンだけは問題ないと思っていたんだが。もちろん人によって、体質によって違うはずだし、その体質も変わって行くはずなのだが。今度薬局に行った時には、こちらからもう少し詳しく問い質してみるつもりだ。
[PR]
by assy109 | 2010-02-27 18:26
10/9 蓄尿 6:改良型ユリンメート
b0070814_1932439.jpg

前回の検査の時に気付いたのだが、『ユリンメートP』が少し改良されているようなのだ。場所は下の蓋を取り付けるこのねじ部。以前も取りあげたことがあるが、このねじのはめ合わせが悪くて、採取した尿が漏れることが間々ある。私も経験あり。だからその部分は使用する前に注意している。

写真のように、どうもねじ山(台形型)の角度を鋭角にして角の丸みを小さくしたようなのだ。確か以前のものはもっと山が低く、丸みを帯びていたように記憶している。柔らかい素材のそんなねじが約一周しか切ってないから、無頓着な人間が無理にはめようとして変形させていたのが漏れる原因。だからたぶんこれはねじ山を壊さないための、ちょっとしたマイナーチェンジだ。でも大切。トイレを汚したくないからね。

b0070814_19324123.jpg

と考察はしたけれど、これは確実だとは言い切れない。こんなことがあるとは思わなかったので、以前のユリンメートの細部まで写した写真もないのだ。医師に訊いても「そんなこと、わざわざ我々には報告しませんからねぇ」とつれない返事。しかし、ここに証拠らしきものを発見した。私の通院する病院で貸し出すものには、裏にこんなシールが張ってあるのだが、その注意書きが一項目増えている。だから、つまりそういうことじゃないんだろうか。旧型と新型が存在する。

考えてみれば、この種の器具は長い間、このユリンメートがほぼ独占状態のはず。だから壊れやすいものを売って、追加注文を増やすという考え方もないではないが、そういう誠意のないやりかたは今の時代通らない。それに嬉しいことではないが、成人病が増えている昨今、これは伸びる可能性が高い分野。いつ新しい企業が参入しないとも限らないのだ。このユリンメートが約3,000円。持ち運びが不便、取っ手が欲しい等、不満の声を聞いたこともある。もっと安く、もっと使いやすく、もっと管理がしやすいものが発売されたら、いつでもこれに取って代わられるのではなかろうか。住友ベークライトさんもどんどん改良するなり、新型を出すなりしないと、もううかうかしていられないと思うのだが。少なくとも、他の業界ではそうなっている。
[PR]
by assy109 | 2009-10-09 19:45
6/18 診察13:時間の問題
b0070814_18461589.jpg

特筆することもないので更新していないが、検査・診察は、その間数回行っている。薬の処方箋も含め2〜3ヶ月に1度の通院だ。ユリンメートの借り出し、検査、診察で都合3日病院に行くのだが、いずれも出先のついでに立ち寄ればいい程の簡単なもの。

そういえば去年の今頃から、ネバーエンディングの痛風ライフが始まっていたことになる。その頃お世話になっていた薬は『ロキソニン』。そして今は『ユリノーム』と『ウラリット』。忙しい時はたまに忘れるが、1日1回の薬の服用も、慣れてしまえば生活の一部。たいして苦になるものではない。こんな生活が既に8ヶ月。

それだけ続けていれば、もう関節部の尿酸塩もなくなっているはずだ。人によって違うが、薬が症状に適合していて、毎日欠かさず飲み続けていれば、早ければ3ヶ月程で関節は綺麗になるらしい。つまりリセットということ。痛風になるはずがない状態。私の場合も申し分ない結果が現れているので、それは担当医の先生も太鼓判を押してくれた。しかし「それじゃ、薬をストップしても良いですね?」という問いには「何か生活を変えましたか?」という問いが逆に返ってきた。

つまり、酒を完全にやめただとか、ストレスが少ない仕事に転職しただとか、そういう大きな変化がない限り、また元に戻るだけということだ。その間が数ヶ月か数年かはわからないが。それに痛風の症状が現れないだけで、腎臓には知らず知らず負担がかかるかもしれない。そのリスクと余計なストレスを溜めないように、何か変化の目処がつくまでは、薬を飲み続けるべきだと言うのだ。

まったくおっしゃる通りです。酒は別の理由で控えるつもりはあるのだが、それ以外は年々条件は悪くなっていく。ここでやめてもまた同じことを繰り返すのは目に見えている。4年間やってきたことは何だったんだ?と思う気持ちは依然強いけど、こんなことに拘るよりも、やらなければならないことはいくらでもあるだろうという気持ちもある。そんな具合でもうしばらく……様子を見てみますか。たいして高価な薬ではないから、続けることには経済的にも負担はない。
[PR]
by assy109 | 2009-06-18 18:50
2009/1/23 薬効:親指戦士の休息
b0070814_1830449.jpgこれは記事にはしなかったけれど、昨年12月12日に検査、19日には診察を受けていた。忘年会シーズン前の方がいいだろうということで。ところが考えることは皆同じのようで、その時期は検査・診察が集中するらしい。で、結果はというと、多少尿酸値もコレステロール値も上がってはいるが、心配することもないだろうというところ。既に飲酒も続いていたのでこれは想像していたこと。薬の抑制効果に改めて驚く。今はうずきも何もない。なんだ、これなら何やっても大丈夫じゃないか。

そういうわけでそれから約1ヶ月間、週1〜2日の休肝日を設ける普通の酒飲みのような生活に戻ってしまった。ビールも焼きトンもおかまいなし。さすがにレバーとウニ、白子、甲殻類は避けたけど、それ以外は何でも来いだ。家でもかなりの不摂生。新年早々ストレスもあるしね。でももうそろそろ巷の忘・新年会シーズンも終わり(とっくに?)。パーティー・イズ・オーバーだ。次の検査も待っているので、普通の生活に戻さないと。次は2月13日の金曜日。だが診察は予定が取れなかったので1ヶ月以上先になる。検査と診察がそんなに離れて意味があるのか?とも思うのだが、まあ激変は考えられないから今回はそれでもいいのかも。一番の薬効はこの安心感なんだろう。まったく去年の夏のあの長い闘いは何だったんだ。安息の日々は続く……痛風に限ってのことだけど。
[PR]
by assy109 | 2009-01-23 18:34
10/17 診察 12:結果は上々
前回の診察から約一ヶ月後。今回は、原因治療薬を使用した薬物療法の効果をチェックするための検査、そして診察だ。

結果は上々。というよりこんなに簡単なことだったの?と呆れるほど。さすがに薬だね、尿酸値はなんと5.1mg/dl。ここまで低いのは初めてだ。実は検査の前日、薬を飲み忘れていたので心配していたんだが、そんなの全然関係ない。初めての、余裕の正常値だもんね。そして尿のpHは6.0。中性が7.0なので、6.5くらいが望ましい弱酸性なのだが、これもまずまず。今まではほとんど5.0だったんだから。さらに尿酸の排泄量が多すぎると、腎臓に負担がかかったり結石の原因になるようだが、これも問題ない値のようだ。そしてもちろん肝臓も異常なし。もっともあの事故は、ユリノームを服用したからとも言えない状況だったようだが。

というような結果。私は尿酸排泄低下型の高尿酸血症らしいので、処方されたのが『ユリノーム』と『ウラリット』。飲みにくいウラリットは1日2錠だが、ユリノームは小さい25mg錠が1日たったの1錠だ。これで効くのかと思っていたが、この投薬一ヶ月後の結果を見たなら効くかなんてものじゃない。ほぼパーフェクトじゃないだろうか。これとは関係ないが、コレステロール値もさらに下がって過去最低。気分がいいね。薬物療法を始めてからは発作もぴたりと治まって、何をしても大丈夫。それまでの数ヶ月間が嘘のようだ。

ところで、前回懸念していた「薬物療法開始時の発作」。実はこれもなかったのだ。なぜなら……私にすれば、このちょっとした試みが功を奏したと思いたい。もっとも先生には「そんなことしても意味ないんじゃないかなぁ」と否定された方法なんだが。よかったら試してください、それはこんなこと。

つまり、薬物療法を開始するとなぜ発作が起きるかといえば、それは急激に尿酸値が下がるので、その弾みで関節部に付着した尿酸塩が剥がれ落ちてしまうからだ。それなら急激に下がらないようにすればいいというのが道理。具体的には、飲み始めに合わせて尿酸値を上げてやればいいわけだ。その方法としては酒をがぶ飲みしたり、フォアグラを食べまくったり。あえてストレスが溜まりそうな仕事に積極的に参加するのもいいだろう。水を飲まないという方法だけはまずいとは思うが。

まあ冗談はともかく言いたいことは、意図的に、コントロールできる範囲内で尿酸値を上げるということ。こうしてプラスとマイナスのバランスをとってしまうわけだ。それから徐々にその量を減らして行けば、発作を起こさずスムーズに、薬物療法に移行できるわけ。どう?スジが通っていると思わない?どうぞお試しあれ。その結果については私は一切責任は負わないけれど。ちなみに私の場合、それ以来またまた飲酒の悪癖が続いてしまった。せっかく安心して飲めるようになったんだからもう少しこのまま、なんて甘えにもそろそろケジメを付けなければと思っているところなのだが……。
[PR]
by assy109 | 2008-10-29 17:35
9/12 薬品 2:薬物療法開始
b0070814_19265127.gif
食事療法が効果的というような兆候はあるのだが、結局その後、さしたる理由もなしに都合12回目の発作を迎えて気力もダウン。……薬にしようか、原因療法薬。でも4年間頑張ったんだから、もう2ヶ月くらいこのまま様子を見ようか。悩む。最後の決断が付かぬまま診察の日を迎えた。だが……

やはり相談すべきは専門の医師だね。カウンセラーのようなものかな。現状を話しているうちに気持ちもまとまり、先生の「そういうことなら、薬を使ってみましょうか」という言葉を何の迷いもなく受け入れた。考えるまでもなく、自分が認めたくないだけで、もうそれしかないのだ。ここ3ヶ月というもの、まともな生活ができていないのだから。移動は近場でも自転車がないと足が痛いし、当然運動はできないし、酒どころか食事もびくびく、ストレスも溜まる。良くなっている感触はあるのだが、仕事にも支障が出る。もう悠長なことはしていられない。

さてその薬。処方されたのは予想通り、尿酸排泄促進薬の『ユリノーム』(ベンズブロマロン)。さらに毎日わかめを食べているはずなのに尿がアルカリ性にならないので、尿の酸性度を下げるための薬『ウラリット』。順当ですな。ただし、私は一生飲み続けるつもりはない。関節に沈着した尿酸塩が取り除かれ次第ストップする予定だ。先生にそうなるまでの日数を訊いたが、それは人それぞれ、2年くらいかかるかもしれないということ。そしてそれを目で見て確認することはできないから、頃合いを見て薬をやめて様子を見るしかないということだった。

ただ気に留めておかなければならないのは、薬を使えばその間、摂生しようがしまいが結果はさほど変わらないということ。となれば当然楽をしたくなるのが人の常。「もう一生これでも良いか……」という悪魔の声が忍び寄ってくるのだ。まあそういう考え方もあるけどね。ただでさえ「負けちゃったかな……」という敗北感がある私は、まだそんな気にはなれない。とりあえずひと月後の検査と診察を予約して、『ユリノーム』『ウラリット』と共に、なくなっていた鎮痛薬の『ロキソニン』等の処方箋をもらって帰途につく。

ということで、薬は手に入った。問題はいつから始めるかだ。ユリノームは使用を始めた時に発作を起こすことが多い。もう12回連続で発作を起こしているんだから、これが13回になろうが痛くもかゆくもないんだが(痛いが)、ここ数日はきちんとした身なりで外出しなければならないので、それが済むまで始められない。痛みは普通の発作よりも極軽いものだということだが、革靴がはけないとまずいのだ。

さあ、こんなことになりました。“憧れ”のクスリ漬け生活、トホホホホ……。原因療法薬抜きの闘病を謳っていたこの痛風日記も新たな展開だ。いよいよシーズン3に突入か?そういうことなら、これを期に元の文体に戻してしまおう(既に戻っているが)。「ですます調」はイマイチ書きにくい。私はそんなに上品な男じゃないからね。
[PR]
by assy109 | 2008-09-13 19:34
7/2 発作 5:痛風リターンズ
b0070814_18494053.gif
発作から既に3週間。今回はなかなか痛みが治まらないと思ったら、こういうことになっておりました。つまり同じ箇所にもう一度発作を起こしたんですね。おかげで念願の左右の足のツーショット写真が撮れました。今回の腫れはたいしたことはないからイマイチ写真なんですが、もうこれが最後、撮り直しはしたくありません。

結局前回も痛みに耐えかねて、週明けには病院に連絡したんです。担当の先生にはカッコ悪くて会いたくないので(どうせばれるんだが)、他の先生の処方でヤクだけを1週間分仕入れてきました(座薬はなし)。薬だけだから保険証もいらないのかなと思ったけど、処方箋だけでも治療扱いになるらしく(当然?)、また2度手間です。

でも薬のおかげで痛みも少なくなったので、4日後にはそれもストップ。次回に備えて少しは残しておかなければ。その後3日間様子を見たんですが、ぶり返すこともない。多少痛みはあっても、これは腫れ上がっている時にも外出しなければならないことが多かったので、その時の無理がたたっていると判断したんです。つまり痛風の痛みじゃなくて、筋肉痛・関節痛。そんな前例もあるからこれでもう完治(発作はですが)。そう判断して快気祝いをしたんです。10日ほど飲んでいなかったから夜にワインを1本。一応ビールはやめたんですけどね。

それが悪かった。痛みはすぐにやってきました。治まっていたはずなんですが、まだ臨界点ギリギリだったんですかね。その日の夜には嫌な前兆。次の朝からはいつもの発作パターン。夜は再度鎮痛剤の厄介になりました。上はその時の写真。そしてそれから3日。また薬が切れる。どうせ治療扱いになるのなら今回はいつもの担当の先生に診てもらうつもりだけど、ヤバイんですよね。こんなことをやっていると、同じ薬でも原因療法薬の方を勧められかねない。まあとにかく今度は痛みが完全に収まるまで引きこもって、安静にしているしかないでしょう。「痛風リターンズ」ならまだいいけど、「痛風フォーエバー」になるとちょっと辛い。さすがに懲りましたわ。
[PR]
by assy109 | 2008-07-02 19:05
2008/6/19 発作 4:これも痛風?
ワタクシ、自分の病気のみならず体質・体調のことまで、今ではすべて把握していると自負しておりました。痛風ならば、発作が起きるのは右足親指の付け根。その徴候は朝の目覚めの時で、その日の夜にはピークに達する。時期は初秋の頃。その理由としては、夏の疲れと、涼しくなるために急に水分摂取が少なくなる、ということが挙げられる。そして発作時の対策も、普段の生活のノウハウも、もう完璧にマスターしている。なのに、それでも発作や体調が悪くなるのは、わかってはいるがそれを実行していないから。ただそれだけのことだと思っていました。なのに、今回の発作はその自信を見事に覆すものだったのです。ワタクシ思い上がっておりました。
b0070814_8283128.gif
最近なぜか身体を使うことが多くて、普段から節々が痛い。親指の付け根は右足も左足も痛くて、そればかりか手の親指まで痛い。だから気づくのが遅かったんですね。痛風ビギナーのように筋肉痛か関節炎だと思ってしまったんです。それに今度はいつもと違って逆の左足だったから。そして普段より痛いなと感じてから、これは痛風かな?と感じる激痛になるまでが丸2日と長かったから。季節も今は初夏だから、いつものパターンとはまるで違っていたんです。

でもまあそうは言ってもたまたま違っただけで、足の親指は右も左も一番なりやすい場所。季節の変わり目で、天気も不安定だから体調も悪かったんでしょう。無茶な飲酒も原因のひとつ。いろいろ思いつくことはあるんです。だから別に慌てることもなく次から気をつけようと思っただけ。『ロキソニン』と『ケルナック』も4日分あるから余裕です。痛み止めのせいか腫れることもないので普段通り外出して、普段通り酒も飲む。

ところが薬の切れた5日目、またあの痛みが甦ってきたのです。そりゃそうだ。痛みを薬で抑えているだけで、治っているわけじゃないんだから。さて困った、もう薬がない。……いや、ないことはないんだけど。冷蔵庫の中には4年熟成の『ボルタレンサポ』が保管されている。最初の発作の時にもらった座薬です。

座薬ってねぇ……何かイヤなんですよね。使ったことないけれど。でも徐々に痛みは強くなってきて、これでは夜も寝られないはず。聞くところによると、座薬は熱も痛みも一発で解消らしいじゃないですか。それなら、と意を決してズボッ!とやったんですが……2分としないうちに“もよおして”きました。あそうか、やる前に出しておいた方がよかったんだ。ひとつ覚えた。引き換えにひとつ無駄になったけど。再度挑戦、そして様子を見る。……どうなんですかね。即効性も効き目も、私にはロキソニンと大差ないようなんですけどね。

そしてそれから3日後の今日。1日薬を抜いてみたけれど、まだ薬がないと痛みは増していく状態のようです。あと残るボルタレンサポもひとつだけ。でも薬を処方してもらうだけのために病院に行くのも、面倒くさいしカッコ悪い。それに痛みがあっても、それ以上悪化していくわけじゃないんですね。無茶なことをしなければ、発作の痛みは自然に治まっていくはず。鎮痛薬なしで我慢する主義の方にそんなメールをいただいたこともあるので、私も1度くらい経験しておいてもいいかな、なんて今思っているんです。
[PR]
by assy109 | 2008-06-19 18:34